テーマ:女性ヴォーカル

Felicia Sanders(フェリシア・サンダース)Song From Moulin Rouge

 このジャケットにやられてしまった。  誰だ?この人…。  名前を見ても全く判らなかった。  ジャケットを見て、ビビッときた自分の感性を信じて買ってみた。  Percy FaithのMoulin Rougeでヴォーカルを担当していたのか。  こんなに美しい女性だったと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Vernons Girls(ザ・ヴァーノンズ・ガールズ) We Love 1962-1964

 The Vernons Girlsは1950年代中盤、英国リバプールのある企業のイメージ・アップのために結成された。  その企業はVernonsと呼ばれた賭けの胴元で、サッカーの試合結果を賭けの対象としていた。  日本では公営ギャンブルや宝くじ等の例外を除き、賭博は違法で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Nancy Wilson How Glad Am I /Gentle Is My Love 2in1

 Nancy Wilsonの60年代中期のオリジナル・アルバムが2イン1で復刻された。  09年米国DRG Recordsからの発売で、64年のHow Glad I Amと65年のGentle Is My Loveに3曲のボーナス・トラックが追加されている。(一部通販サイトで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Linda Ronstadt(リンダ・ロンシュタット) Hasten Down The Wind

 10年7月7日Linda Ronstadtのオリジナル・アルバム5作が再発される。  記憶違いでなければ、国内盤としては初リマスター化のはず。  それと、紙ジャケット仕様だ。  一方、米国では既に07年より24カラット・ゴールドCD+紙ジャケットで5作のうち4作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Minnie Riperton (ミニー・リパートン) Perfect Angel (2イン1)

 英国Stateside RecordsからMinnie RipertonのLPが2イン1で復刻されている。  復刻と言っても廉価再発であり、レーベル名もあまり馴染みがない。素性の判らない独立系レーベルに有りがちな「安かろう、悪かろう」では意味が無いので、心配になって調べて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Nolan Sisters(ノーラン・シスターズ) 20 Giant Hits+α(2CD)

 78年8月イギリスで3位まで上昇し、The Nolan Sistersにとってメジャー移籍の足掛かりを作った記念すべきアルバム。また、この年次女のDeniseが脱退してしまうのでオリジナル・メンバーで発表した最後のアルバム。その当時の大ヒット20曲をカヴァーしているのだが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Whitney Houston (ホイットニー・ヒューストン) 25th Anniversary+α

 Whitney Houstonの1st アルバムが発売25周年を記念してデラックス盤化された。  非常に思い入れのあるアルバムであるが、国内盤CDの音質には長い間不満を持っており、リマスター再発を心待ちにしていた。(デジタル・ノイズと言うか、何かワサワサした感じとか、ヴォー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wanda Sa (ワンダ・サー) Vagamente(ヴァガメンチ) (Bomba CD)

 空、雲、海、波、砂浜、風紋、ブロンドの女性、ストライプのワンピース、ギター、そして日差し(ちょっと眩しそう)。いいよね、このジャケット!この時彼女はまだ19歳。シャッター・チャンスを狙い続けたにしても、ここまで条件がそろうなんて…まさに奇跡のような一瞬。  ボサ・ノヴァを予…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Dolly Parton(ドリー・パートン) Dolly (4CD Box)

 Dolly Rebecca Partonは46年1月19日12人兄弟の4番目として生まれた。身長157センチ、家族の中で初めて高校に通ったそうで、裕福な家庭ではなかったようだが音楽好きの家族に囲まれて育ったとのこと。カントリー・ミュージックの女王として米国では知らぬ者はいないのだが、日本での知名度はそれに遠く及ばない。私自身この映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Nana Mouskouri(ナナ・ムスクーリ)  Nana (Sings Bobby Scott)

 印象的なメガネがトレード・マークで、ギリシャ出身の歌手であること以外は何も知らず、そのうち機会があればなどと考えていた。  ず~っと気になってはいたのだが、ご縁がなかったようで、いつの間にか20年以上経ってしまった。  もしも、音楽家小西康陽氏(と言う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Linda Perhacs(リンダ・パーハクス) Parallelograms(1st LP+α)

ず~っと気になっていたアルバム。 アシッド・フォークの女王? いったい誰? まったく知らなかった女性。 アシッドって何?サイケデリック・フォークのこと? サイケのイメージってどんな感じ? ドラッグ? トリップ? ヒッピー? タイトルの「平行四辺形」に隠された意味があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more