Donovan (ドノヴァン) Sunshine Superman Stereo Edition

HMVジャパン

 DonovanのLPが2枚組のデラックス盤で発売された。
 
 Sunshine Superman Stereo Special Edition

 何がスペシャルかと言うと、初めてStereo盤が登場したことだった。

Donovan - Sunshine Superman

↑米国66年9月発売 Epic BN26217 (Stereo)

 初めてStereo盤がCD化されたのかな?
 今までのCDは全てMono盤だった訳だ。

Donovan - Sunshine Superman

↑米国66年9月発売 Epic LN24217 (Mono)

 ?????

 66年作品でStereo盤よりもMono盤が選ばれていたなんて…。
 何か怪しい。
 何か裏があるはずだ。

 !!!!!

 何とStereo盤はSeason of the Witchの1曲以外はリチャンネルStereo(電気的にMono盤をStereo化したいわゆる擬似Stereo)だった。
 そりゃ、今までMono盤が選ばれてきた訳だ。

Sunshine Superman
EMI Import
2005-05-10
Donovan

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Sunshine Superman の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 ↑05年に英国EMIから発売された米国Mono盤のリマスター盤。 
 リマスター担当はあのPeter Mewだ。
 ボーナスとして7曲追加された(うち未発表が3曲)。

 それじゃ、今回のStereo Special Editionは何のことだ?
 驚いたことにリアルStereo盤が登場したことだった。

Sunshine Superman: Deluxe
EMI Import
2011-06-14
Donovan

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Sunshine Superman: Deluxe の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 Disc1
 New US Version Stereo Album
 1.Sunshine Superman 3:19
 2.Legend To A Girl Child Linda 6:52
 3.Three Kingfishers 3:19
 4.Ferris Wheel 4:13
 5.Bert's Blues 3:59
 6.Season Of The Witch 4:58
 7.The Trip 4:38
 8.Guinevere 3:44
 9.The Fat Angel 4:16
 10.Celeste 4:13

 Bonus Tracks
 11.Breezes Of Patchuli 4:39
 12.Museum (1st version) 2:53
 13.Superlungs (1st version Unissued Alternative Take) 4:14
 14.The Land Of Doesn't Have to Be 2:43
 15.Sunny South Kensington 3:57
 16.Epistle To Dippy (early alternative arrangement) 3:19
 ※13は未発表別テイク

 UK Sunshine Superman Stereo Tracks
 17.Writer In The Sun 4:33
 18.Hampstead Incident 4:51

 19.Sunshine Superman (Long Version) 4:42
 ※14と16が05年盤と同一である以外は、全曲11年製作。
 11年盤のリマスターもPeter Mewだ。

 Disc2
 Original UK Mono Album
 1.Sunshine Superman 3:17
 2.Legend To A Girl Child Linda 6:54
 3.The Observation 2:25
 4.Guinevere 3:42
 5.Celeste 4:12
 6.Writer In The Sun 4:31
 7.Season Of The Witch 4:59
 8.Hampstead Incident 4:44
 9.Sand And Foam 3:21
 10.Young Girl Blues 3:48
 11.Three Kingfishers 3:18
 12.Bert's Blues 4:03

 US Sunshine Superman Mono Tracks
 13.Ferris Wheel 4:15
 14.The Trip 4:38
 15.The Fat Angel 4:11
 ※全曲05年盤と同一。
 
 ?????

 ここで再び疑問なのは、US盤とUK盤で曲数と曲順が違うこと。
 ところで、Original UK Mono Albumでどういうことだ?
 ジャケットも違うぞ!

Donovan - Sunshine Superman

↑英国67年6月発売 Pye NPL 18181 (Mono)
 Stereo盤は発売されておらず、米国より9ヶ月も遅れている。
 Pye Records?
 実は赤字の5曲は次回作のLP Mellow Yellowから収録されている。

Mellow Yellow
EMI Europe Generic
2005-05-10
Donovan

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Mellow Yellow の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

↑米国67年3月発売 Epic LN24239 (Mono) / BN26239 (rechanneled stereo)
 05年発売のリマスター盤(ボーナス10曲収録)。

 どうも英国では契約をめぐって紛争になっていたようだ。
 だから、米国より大分遅れてLP Sunshine SupermanとMellow Yellowから選抜してコンピレーションが作られたらしい。
 ただし、タイトルが米国LPと同じSunshine Supermanだったので紛らわしいのだが、別物ということになる。
 2つを足して2で割ってSunshine Yellowなんてのはダメかな?
 やはり、却下ですか…(笑)。

 今回はDisc1の内6、14、16、19の4曲以外は初登場となる。
 また、Mono盤しかない英国LPで米国LPに未収録の5曲のうちマルチ・トラック・テープが存在した2曲Disc1の17、18をリアルStereoでボーナス収録するという念の入れようだ。
 ただし、ブックレットのプロダクション・ノートには未収録の5曲のうちDisc2の3、6、9の3曲のマルチ・トラック・テープが存在しなかったと記載されているが、本当は3、9、10の3曲の間違いだ。
 実際にDisc2の6はDisc1の17でリアルStereo盤が収録されている。

 3曲が行方不明と言うことは、LP Mellow YellowのリアルStereo盤化は困難ということか…。
 徹底的に捜索して、何とか実現して欲しいものだ。

 最後にリアルStereo盤の音質について。
 正真正銘のリアルStereoであり、文句の付けようのない素晴らしいミックスだ。
 最新のリマスター技術と相まって、秀逸としか言いようがない。

 ところで、05年盤のSunshine Supermanと Mellow Yellowを既に持っているのなら、そこから抜粋されたDisc2は意味がないのかな?
 確かに、Disc2全曲がボーナス扱いと見ても良いだろう。
 ダブっているのだから仕方ない。

 ここで白状すると、私は05年リマスター盤を4枚を持っているのだが、全て未開封のままだった。(本当にアホだ!)
 
Hurdy Gurdy Man
EMI Europe Generic
2005-05-10
Donovan

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Hurdy Gurdy Man の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


Barabajagal
EMI Import
2005-05-10
Donovan

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Barabajagal の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 その後の06年発売のDonovan In Concertと09年にジャケット違いで発売された2枚組A Gift from a Flower to a Gardenはかろうじて聴いたことがあった。(やはり、まとめ買いすると買っただけで満足してしまうのかな…反省)

In Concert: Complete 1967 Anaheim Show
EMI Import
2006-06-13
Donovan

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by In Concert: Complete 1967 Anaheim Show の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


A Gift from a Flower to a Gard
EMI
2009-01-27
Donovan

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by A Gift from a Flower to a Gard の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 今さら開封するのは忍びなかったので、試しにDisc2を聴いてみた。
 ぶっ飛んだ!
 Stereo盤なんて比較にならないド迫力だ。
 プロデューサーはMickie Most。
 やはりね!
 MostのMonoミックスはイケるぞ!
 逆にMostのStereoミックスに期待をかけてはダメだ。
 どうせ、右から演奏、左からヴォーカル、中央は無音のような稚拙なStereoミックスしか作れないのだから…。
 Mostさん、自分でStereo盤をミックスしなくて大正解だったね。
 
 Stereoの普及が米国より遅れていた英国ではMono盤だけでも問題なかったかも知れない。
 しかし、Stereo盤の需要を無視できなくなった米国Epic Recordsは、困り果てた末に電気変換した擬似Stereo盤を作るしかなかった訳だ。
 実はMost自身のStereoミックスより擬似Stereoの方が良かったりして。(笑)
 今回はPeter MewがStereoミックスしてくれて本当に良かった。
 迫力ではMono盤に負けるけど、美しさは絶品ですので、誤解のないようお願いします。

 最後に、もしも、Mono盤が最新技術でリマスターされていたら…。
 録音はアビー・ロード・スタジオだったからポテンシャルは高いはず。
 たぶん、お祭り騒ぎだっただろうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック