The Cowsills(ザ・カウシルズ) The Best Of The Cowsills その1

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

 09年から英国の再発専門レーベルCherry Red Records系列のNow SoundsからTheCowsillsのオリジナル・アルバムの再発が始まっている。
 特に思い入れはないのだがチャート・マニアにとっては避けて通ることのできないグループであり、既に数枚のCDを持っていたので先に紹介しておこう。

 1st LP The Cowsills (MGM E 4498/SE 4498 67年11月発売 全米31位)

Cowsills
Razor & Tie
1994-06-28
Cowsills

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Cowsills の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 ↑94年米国Razor & TieからStereo盤MGM SE 4498が復刻されているが、オリジナル・アルバム未収録シングルのLove American StyleとThe Impossible Yearsの2曲がボーナス収録されている。
 94年と古いこともあり気になるのは音質だが、00年代前半に流行ったイコライジングで高音をシャカシャカさせ、低音をブーストさせたマスタリングとは全然違う。
 それより少し前のノイズ・リダクション技術は今ひとつだったけど、優しく柔らかい感じの美しいStereoとなっており、個人的には大好きな音だ。
 プロダクション・ノートを見ると…
 マスタリングはSteve Hoffmanだった!
 やはり、流石だ!!!

 4th LP The Cowsills In Concert (MGM SE 4619 69年4月?発売 全米16位)

In Concert
Razor & Tie
1994-06-28
Cowsills

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by In Concert の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 ↑オハイオ州クリーヴランドで開催された2日連続のコンサートからの抜粋。
 1曲目はシングルHairが収録されており、その後MCに続いてライブ録音が始まる。
 後日スタジオでギター等の一部の演奏が差し替えされたとのことだが、そのなことは音楽業界では普通に行われていることであり、素晴らしい内容であることに何の影響も感じさせない。
 カバー曲が多いが、楽しい! 結構ノリノリにさせてくれる。
 さすが全米16位になったことだけはある。

 また、通称The Milk EPと呼ばれるThe American Dairy Association(全米酪農協会?)の依頼により録音された4曲がボーナスとして追加されている。
 これはグループの名前と健全なイメージが牛乳にピッタリだったことからイメージ・キャラクターとして契約し、ポスター、ラジオとテレビ・コマーシャル、通販限定EPが作成されたためだ。

画像



















 The Cowsills Collector’s Record Presented By The American Dairy Association(MGM PEP-1)

The Cowsills - The Cowsills Collector's Record

 Side1
 1.The Milk Song
 2.All My Days

 Side2
 1.Nothing To Do
 2.The Fun Song

 60セントの切手を送ると郵送してもらえたようだ。
 こちらもマスタリングはSteve Hoffmanであり、音質は秀逸と言ってよい。

 The CowsillsがTop40に送り込んだのはこの2枚だけ。
 続いてはシングルなのだが、なかなか良いCDが発売されなかった。
 やっと手に入れたのは01年発売のこのベスト盤だった。
 20th Century Masters The Best Of The Cowsills
 The Millennium Collection

20th Century Masters: Millennium Collection
Polydor / Umgd
2001-06-26
Cowsills

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 20th Century Masters: Millennium Collection の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 ↑MGMの権利を持つUniversal傘下の米Polydorからの発売であり、音質は秀逸。
 12曲と収録数は少ないがTop100ヒットを網羅している。
 その他Philips時代やBillのソロのシングルも収めた優れものだ。
 特に嬉しかったのは発売当時は珍しかったThe Rain, The Park & Other Things だ。

 ????

 ポリドール系のレーベル・コンピレーションには必ずと言ってよいほど登場する超メジャーな「雨に消えた初恋」だが、通常はLP収録のStereo盤が収録されているため、Monoシングルを聴いたのはこれが初めてだった。



 その他にも1,3,6,8,11がシングル・ヴァージョンで収録されている。

 1. Most Of All(66年Philipsから発売した3枚のシングルの1枚目)
 2. The Rain, The Park & Other Things (67年12月2日2位)



 3. We Can Fly(68年2月10日21位)



 4. In Need Of A Friend(68年4月20日54位)
 5. Indian Lake(68年7月13日10位)
 6. Poor Baby(68年10月12日44位)
 7. Hair(69年5月10日2位)



 8. The Prophecy Of Daniel & John The Divine (Six-Six-Six) (69年7月12日75位)
 9. Silver Threads And Golden Needles(69年11月8日74位)



 10. II X II
 11. Love American Style(9.のB面)
 12. When Everybody's Here(70年発売のBill Cowsillのシングル)
   71年発売のソロLP Nervous Breakthroughにも収録↓

Billy Cowsill - Nervous Breakthrough


 チャート・マニアとしては、全米Top40ヒットはシングル及びアルバムともこの3枚で揃えることができ、The Cowsillsは踏破したグループとなった。
 実際のところ、ベストCDを買った時に3枚の音質を聴き比べして以来10年近くご無沙汰状態だったと思う。
 今回は聴き直す良い機会になったと思う。 

 続きは次回で…。
 (おまけ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック