Bob Dylan (ボブ・ディラン) Original Mono Recordings その3

 前回に引き続いてボブ・ディランのモノ・ボックスの3回目。
 前回のHighway 61 Revisited(追憶のハイウェイ61)についての2回目に続き、 今回はBlonde On Blondeについて。

 その前に、輸入盤と国内盤の価格差について。

Original Mono Recordings
Sony Legacy
2010-10-19
Bob Dylan

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Original Mono Recordings の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 ↑輸入盤。
 私はAmazonの予約特価+輸入盤2枚以上10%オフの9,889円で購入。
 日本盤は定価19,800円であり、HMVのポイント15倍(約15%オフ)のセールを狙って購入しても16,830円と価格差は約7,000円。

 ただし、日本盤特典として、

・日本独自の紙ジャケット仕様(13.5cmX13.5cm)
 個人的にはミニチュア・ペイパー・スリーブには全く興味なし。
 小さいジャケットに何か価値があるのか?
 盆栽の境地ですか?手のひらに小宇宙ですか?
 ここで思いっきり日本人趣味丸出しですか、Bobはアメリカ人なのに…。
 フォーマットがCDに変わったことを自覚すべし。
 ジャケットが目当てなら私は中古でも美麗なアナログLPを探す。

・完全翻訳日本版ブックレット付き
 辞書片手に翻訳は可能だけど、あれば助かるな。楽チンだし。

・歌詞・対訳付き
 Bobの場合、歌詞は大事だ。必須だ。
 訳も分からずサウンドだけ聴くなんて考えられない。

・帯(キャップ)付き
 海外のコレクターにも"Obi"で通じる程だが、個人的には有ったほうが良い程度。こんなものが特典として強調されること自体間違っている。

 結局は7,000円の価格差は埋まらず、輸入盤を選択した。
 浮いたお金で買い逃したSlow Train ComingのSACDを手に入れよう!

 それでは本題Blonde On Blondeに話を移そう。
 66年7月4日発売 
 録音場所 One of Us Must Know (Sooner or Later)がThe Hawks(後のThe Band)をバックにニューヨークColumbia Studio Aで録音された以外はナッシュビルMusic Row Studiosでの録音。
 Stereo盤とMono盤でジャケットの違いはなさそうだ。

 ミニチュア・ペイパー・スリーブ愛好家への当て付けではないが、02年に米国Sundazed RecordsからMono LPが180グラムの重量盤で復刻されている。↓

Blonde on Blonde [12 inch Analog]
Sundazed Music Inc.
2002-11-01
Bob Dylan

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Blonde on Blonde [12 inch Analog] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 私はBobのLPは持ってないのだが、同じくSundazedから発売されたThe Byrdsの1stから4thまでのStereo LPを持っている。↓

Younger Than Yesterday [12 inch Analog]
Sundazed Music Inc.
2006-02-21
Byrds

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Younger Than Yesterday [12 inch Analog] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 手にとっての感想は、紙質が今ひとつで、ちょっとヤワな感じ。
 音質は? 分からない。
 なぜならば、我が家にはレコード・プレーヤーがないから。トホホ…。
 アナログへの漠然とした憧れがあり、いつかはアナログ再生と思っていた。
 でも、アナログ再生って面倒くさいよね。
 それに、聴くたびに針で盤面を削るなんて精神衛生上良くない。
 たぶん、性格上耐えられないだろう。やめた。
 アナログはジャケット狙いに限定しよう。

 それでは聴き込んでいるハイブリッドSACDを紹介。↓

Blonde on Blonde (Hybr)
Sony
2003-09-30
Bob Dylan

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Blonde on Blonde (Hybr) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 ↑03年発売 米国盤ハイブリッドSACD。
 前作Highway 61 RevisitedがエレクトリックBob Dylanを象徴するようなRock色が強い内容だったが、本作はどちらかと言えばスローで優しい印象を受ける。
 SACDなので前作同様音は良いのだが、Stereoミックスが微妙なのである。
 ヴォーカルが中央に定位するリアルStereoなのだが、左、中央、右の古典的な3点Stereoミックスとなっており、音の分離が良いと言うよりも少しスカスカな感じがする。
 アルバム全体の曲調の変化もあるのだが、Stereoミックスのまずさがエネルギーを分散させているのが原因のようだ。

 一方、Mono盤はどうか? 最高である!
 もちろん、SACDと通常CDのフォーマットの違いを考慮してでの比較であるが、Stereo盤とMono盤で音質の良し悪しはほとんど感じられない。
  単純にミックスがStereoかMonoかの違いがあるだけだ。
 Mono盤は音場がキュッと収縮する印象を受けるが、音の密度が上がり、迫力が高まり、Stereo盤では損なわれたエネルギー感が増している。
 断然、Mono盤の方がグッと来るものがある。
 また、今回はHighway 61 Revisitedのようにスピーカー1本よりも、スピーカー2本で聴いた方が、独特の音場が広がって気持ち良かった。
 まさか前作よりもStereoミックスが後退するとは思ってもみなかった。
 本作についてはMono盤での試聴をオススメするが、更にMono盤のSACDが発売されたら、とんでもなく素晴らしい音質が実現出来ると思う。
 The ByrdsやThe BandのSACD化を実現している米国のMobile Fidelity社に期待したいところだ。

【追記】Bringing It All Back Homeを見ていて気が付いたのだが、Blonde On BlondeもSACDはMulti-chの表示があった。と言うことは5.1チャンネルにリミックスされているということだ。
 聴いてみたい!でも、我が家にはサラウンド環境にない…。
 リミックスでどんな風にミックスが変更(改善?)されているのか、誰か教えて!!  

ボブ・ディラン・モノ・ボックス
SMJ
2010-11-10
ボブ・ディラン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ボブ・ディラン・モノ・ボックス の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 ↑国内盤。

  次回に続く…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

パチャ
2010年11月13日 08:36
はじめまして。ブログ、かなり面白く読ませて頂きました。highwayとblondしか持っていないと云う輪にかけてbobの熱烈ファンではない自分ですが、witmark demosをmono boxともにアナログで取り寄せ中です。アナログは色々と最初に揃えないといけなかったり、針はある程度の再生時間がすぎたら交換しないといけなかったりで、確かに面倒ではあるかもしれませんが、慣れるとストレスには感じませんよ。それからレコードを削ると云うのは余程、必要以上に針圧を掛けて再生しない限り気にする必要ありません。ただ、アナログは機材ともども凝りだすと切りがないので地獄の入口かもしれません。ご友人でアナログ再生が出来るシステムをお持ちの方がいらっしゃればbyrdsも聴いてみて下さい。(私は近いうちにfifth dimentionとtambling manをsundazed盤で購入予定です)
2010年11月13日 11:01
パチャさんコメントありがとうございます。
アナログ再生環境をお持ちとはうらやましいです。
私は今後アナログ・オーディオとデジタル・オーディオのどちらに投資するかで悩んでいます。
マスター・テープに記録された音を録音スタジオにいるがごとく最高の音質で聴くのが私の究極の目標なのです。
SACDが風前の灯の状況なので、今後はネットでのSACDを上回る高規格でのデータ配信に期待をかけるしかないのかな?なんて思っています。現物を手に出来ないのはちょっと寂しいのですが…。
アナログ再生も贅沢な大人のたしなみですよね。
両方捨て難いいのですが、どちらに投資するにしろお金がかかるので、最近ではBIGで6億円当たらないかなーなどと考えています。

この記事へのトラックバック

  • フェラガモ 通販

    Excerpt: Bob Dylan (ボブ・ディラン) Original Mono Recordings その3 音楽とデート/ウェブリブログ Weblog: フェラガモ 通販 racked: 2013-07-03 21:56
  • プラダ 店舗

    Excerpt: Bob Dylan (ボブ・ディラン) Original Mono Recordings その3 音楽とデート/ウェブリブログ Weblog: プラダ 店舗 racked: 2013-07-07 00:02
  • プラダ バッグ

    Excerpt: Bob Dylan (ボブ・ディラン) Original Mono Recordings その3 音楽とデート/ウェブリブログ Weblog: プラダ バッグ racked: 2013-07-07 18:14