頂上体験~曇りなき世界~SA-CD SHM仕様~聴き比べサンプラー

 ユニバーサル・インターナショナルからSACD-SHMの体験サンプラーが発売された。
 高音質が売りなのであるが、いかんせん価格設定が4,500円と異常に高く、敷居の高い存在だったSACD-SHM。
 躊躇しているリスナーの背中を後押しすべく、これまた破格な1,500円となっている。

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

 当然、比較試聴用にDisc1にSACD-SHMが、Disc2に通常CDが収録され…?
 あれ?Disc2はハイブリッドSACD(SACD+CD)だった。
 スゴイ、通常CDとの比較ではなく、シングル・レイヤーとハイブリッドのSACD対決だ。

 ハイブリッドの場合SACD層とCD層を併せ持つため、レーザーの透過性で不利であった。
 でも、通常CDも聴けるようにしないと、販売で苦戦すると思われていた。
  
 (検証)通常CD、シングルレイヤーSACD、ハイブリッドSACDが併売の場合で、
 
 「SACDプレーヤーを持っていない人(買う予定もない人)」
 通常CDを買う。
 SACDは買わない。現在も将来も聴けないのだから意味がない。
 わざわざ通常CDを聴くために高価なハイブリッドSACDを買う人はいない。

 「SACDプレーヤーを持っていない人(買う予定のある人)」
 通常CDは現時も将来も聴くことができるが、SACDの買い直しは避けたい。
 シングル・レイヤーSACDは将来にしか聴けない。(現在買う意味がない)
 ハイブリッドSACDは、現在も将来も聴けるから買う。

 「SACDプレーヤーを持ってる人」
 3種類とも買う人はいない。普通1種類しか買わない。
 通常CDとSACDで価格差があり過ぎる場合は通常CDを買うかもしれない。
 そうでなければ、シングルレイヤーかハイブリッドのSACDを買う。
 ハイブリッドを持っていても、わざわざ通常CD層を聴く人はいない。
 その日の気分で、前回はCD、今回はSACDなんてことは考えにくい。
 ただし、車等がSACD対応でなければ、ハイブリッドは便利かもしれない。
 そうでもなければ、音質で勝っているシングルレイヤーSACDを買う。
 SACDを聴く人にとって通常CD層は音質面で邪魔なだけだ。 

 どうしてもハイブリッドSACDが必要なのは上の赤字の場合ぐらいだ。
 極めて限定的な場合にしかハイブリッドSACDは必要とされていないのだ。
 そもそも、SACD自体発売数が減ってきているが、出ればハイブリッドだ。

 SACDに興味がある人は、元々高音質志向であることを忘れて欲しくない。
 しっかりマーケッティングも考えずに、音質的に劣るハイブリッドばかり。
 本当に誰も気が付かなかったのかな?

 あっ!ユニバーサルが気が付いたわけだ。SHMのおまけ付きで!
 Sonyが腰砕けの状況で、孤軍奮闘でがんばってるわけだ!
 
 でも、価格が高すぎるよ、やっぱり…。
 SHM-CDが発売された時も大きなエールを送ったけど、ダメだったね…。↓

これがSHM-CDだ!ロックで聴き比べる体験サンプラー
UNIVERSAL INTERNATIONAL(P)(M)
2008-05-28
オムニバス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by これがSHM-CDだ!ロックで聴き比べる体験サンプラー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 ↑「クーちゃん」ってのが私です。これがAmazonでの最後のレビューとなった。

 その後のことはThe Rolling StonesのLet It BleedのSACD-SHMでコメントした。→こちら

 とにかくユニバーサル様、SACDの火を消さないようによろしくお願いいたします。今回もエールを送るぞ!


頂上体験~曇りなき世界~SA-CD SHM仕様~聴き比べサンプラー
USMジャパン
2010-10-27
オムニバス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 頂上体験~曇りなき世界~SA-CD SHM仕様~聴き比べサンプラー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 今回のサンプラーはジャンル分けせず、(ロック/ポップス)、(ジャズ)、 (クラシック)からまんべんなく収録している。

 1. マーシー・マーシー・ミー (ロック/ポップス)
 2. アイム・ノット・イン・ラヴ (ロック/ポップス)
 3. いつか世界は (ロック/ポップス)
 4. ストーミー・マンデイ (ロック/ポップス)
 5. コルコヴァード (ジャズ)
 6. 誰も奪えぬこの思い (ジャズ)
 7. オレオ (ジャズ)
 8. セント・トーマス (ジャズ)
 9. ドイツ・レクイエム作品45から 第1曲:悩みを抱く者たちは、しあわせである (クラシック)
 10. 幻想交響曲作品14から 第4楽章:断頭台への行進 (クラシック)
 11. バレエ≪春の祭典≫から いけにえへの賛美~祖先の呼び出し~祖先の儀式 (クラシック)

 このうち2、3、4、7、8が国内オリジナル・アナログ・マスターを基にした2010年DSDマスターを使用している。
 以前に国内マスターを使用することに異論を唱えたが、何かの本で読んだけどSteely DanのAjaみたいに、本国のマスターの劣化が激しい場合もあるんだね。(あっちゃいけないことなんだけど…)
 11以外、敢えて最新録音を外しているのも自信の表れかな。

 まずはSACD-SHMから聴いたのだが、盤面はレーザーの乱反射を防ぐ緑色。
 スゴイね。特に10cc.のI'm Not In Loveはビックリした。
 部屋がプールになったように音が満ちあふれてきた。
 かと言って、騒々しさは全くない。気持ちイイ。
 何だこのリアリティーは…。

 はっきり言って、Disc2と聴き比べする必要を感じなくなった。
 でも、念のため聴かなくては。

 ??????
 
 あれ、いい音だな。
 そりゃ元々がSACDだし。
 通常CDとSACDの差は歴然としている。
 アナログ地上波とデジタル地上波ほどの差がある。
 でも、ハイブリッドSACDとシングルレイヤーSACDの違いは…。
 デジタル地上波と衛星ハイビジョンの差ぐらいのイメージ。
 50インチ以上の画面で見ると違いがわかるのかな?

 我が家のオーディオ・システムとリスニング・ルームの限界を露呈。
 言葉ではなかなか表現できない。実感が薄い。
 何となく鮮度が上のような…。
 何となく音の密度が濃いような…、音の粒子が細かいような…。
 既にハイブリッドSACDで標準点を上回っているので、
 それ以上のハイレベルの話になるとちょっと…。

 ハイエンド・オーディオを有する人にしかこの違いは実感できないのか。
 この程度の違いしか聴き分けれないのに、この価格設定はキツイ。
 何とか3,000円ぐらいにならないものかな。
 無理ならばシングルレイヤーの通常SACDで2,500円ってのはどう?
 そうしたら、片っ端から買うよ!

 エールを送るつもりが…、ゴメン、ユニバーサルさん。
 今、最高にいい音で通常SACDが鳴り響いている。

 でも、The Rolling Stonesのベガーズ・バンケットは予約したよ。
 だって、旧SACDは廃盤でマーケット・プレイスでも4,000円以上するからね。

ベガーズ・バンケット
USMジャパン
2010-12-15
ザ・ローリング・ストーンズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ベガーズ・バンケット の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • フェラガモ 店舗

    Excerpt: 頂上体験~曇りなき世界~SA-CD SHM仕様~聴き比べサンプラー 音楽とデート/ウェブリブログ Weblog: フェラガモ 店舗 racked: 2013-07-03 23:22