The Nolan Sisters(ノーラン・シスターズ) 20 Giant Hits+α(その6)

 画像















 今回でThe Nolan Sistersの6回目。前回に引き続いて彼女達がLP 20 Giant Hits(78年3位)でカヴァーした曲のオリジナルについてコメントしたい。

 #16 I'd Like To Teach The World To Sing (In Perfect Harmony)(邦題:愛するハーモニー)
 72年1月に英国で1位、米国で7位となったThe New Seekers最大のヒット。
 元々は71年2月コカ・コーラのラジオ・コマーシャル用に用意されたが、全然エアー・プレイされなかったことから打開策としてTVコマーシャルが作られた。The Nolan SistersのプロデューサーであるRoger Greenawayも作曲に関わっており、The New Seekersが録音した。



 このコマーシャルの評判が良く、拡大してシングル・カットの話が出たが、当のThe New Seekersのスケジュールが合わなかった。このためスタジオ・ミュージシャンを寄せ集めたThe Hillside Singersが急造され、一足早くシングル発売し13位。少し遅れてThe New Seekersも追いかけたところ見事追い越すこととなった。



 確か日本でも映像は違うが、この曲のコマーシャルが流れたはず…。
 クリスマス・ヴァージョンもあった。



 この余勢を駆って I を We に替えてLP We'd Like to Teach the World to Singを発売した。(米国では37位、英国では2位)
We'd Like to Teach the World to Sing
Elektra
2004-02-10
The New Seekers

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

 ↑04年米国Collectors' Choice MusicからオリジナルLPが復刻された。72年3月に英国で2位となったBeg, Steal or Borrowも収録。ちょっと音の粒が粗い感じもするが、内容自体はサンシャイン・ポップそのもの。

20 Giant Hits/the Target Recordings
7T's
2010-01-18
Nolan Sisters

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

 プロデューサーRoger Greenawayの曲が採用されたのは偶然かどうかわからないが、コカ・コーラ効果と言うか、米国だけではなく全世界にさわやかさを振りまいたという点でこの曲のスゴサが改めて判った。

 続きは次回で…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック