テーマ:アメリカ 70s

Fleetwood Mac (フリートウッド・マック) Rumours(噂) Hybrid SACD

 これでワーナー・ミュージック系のSACDはEaglesのHotel CaliforniaとLind RonstadtのWhat's Newに続いて3枚目となる。  もはや音質については云々コメントする必要がないほど秀逸だ。  本作については04年にリマスターされたうえにボーナス・ディスク付きの2枚組デラックス盤が発売さ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

Eagles(イーグルス) Hotel California SACD Hybrid 

 EaglesのHotel CaliforniaがSACDで復刻された。  Eaglesは03年に旧譜がリマスター復刻されたので、大人買いしてオリジナル・アルバムは全て揃えたのだが、このアルバムだけは既に88年国内盤を持っていたので買わなかった。 ホテル・カリフォルニアワーナーミュージック・ジャパン 2005-12-21…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Carly Simon (カーリー・サイモン) No Secrets 24 KT Gold

 米国の復刻専門レーベルAudio FidelityからCarly SimonのアルバムNo Secretsが24カラットGold CDで復刻された。  Carlyの代表作と言うよりは70年代の女性ヴォーカルの代表作の1枚だ。  72年9月から10月にかけてロンドンTrident Studiosで録音され、11月に発売される…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Billy Joel (ビリー・ジョエル) Turnstiles SACD

 前回の2ndアルバムPiano Manに続いて、Billy Joelの3rdアルバムTurnstilesのハイブリッドSACDについて。  このアルバムも99年に国内発売されたCDエクストラ仕様のリマスターCDで初めて聴いた。  ↑99年国内盤の再発盤。  このアルバム収録の代表曲New York Sta…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Billy Joel (ビリー・ジョエル) Piano Man SACD

 Billy Joelの2ndアルバムPiano ManがハイブリッドSACD化された。  かつてSACDのリーディング・カンパニーだったSonyからではなく、高品質の復刻で定評のある米国Mobile Fidelityからである。  だから、もうSonyなどはどうでもいい。  Blu-spec、お好きなだけ、がんばって下さ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

The Cowsills (ザ・カウシルズ) On My Side その6

 09年から英国の再発専門レーベルCherry Red Records系列のNow SoundsからTheCowsillsのオリジナル・アルバムの再発が始まっている。  今回は前回のシングルSilver Threads And Golden Needlesに続いての6回目。  前回レビューしたとおり、テレビ・ドラマThe P…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

The Cowsills (ザ・カウシルズ) On My Side その5

 09年から英国の再発専門レーベルCherry Red Records系列のNow SoundsからTheCowsillsのオリジナル・アルバムの再発が始まっている。  今回は前回のシングルHairに引き続いてThe Cowsillsの5回目。  まずは今回の再発から外れた5th LP発売前後の状況を整理しておこう。  1…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

The Cowsills (ザ・カウシルズ) On My Side その4

 09年から英国の再発専門レーベルCherry Red Records系列のNow SoundsからTheCowsillsのオリジナル・アルバムの再発が始まっている。  今回は前回の3rd LP Captain Sad and His Ship of Foolsに続いての4回目。  本来なら4th LPとなるところだが、6t…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Rita Coolidge(リタ・クーリッジ) Love Me Again その4

 前回に引き続いてRita coolidgeの4回目。  オーストラリアの復刻専門レーベルRaven Recordsが2イン1を復刻した6thと7thアルバムの後半だ。  カバー曲中心であった6thアルバムの大ヒットもあり、7thアルバムも同じ路線を取っている。  7th LP Love Me Again (78年5月…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Rita Coolidge(リタ・クーリッジ) Anytime...Anywhere その3

 前回に引き続いてRita coolidgeの3回目。  オーストラリアの復刻専門レーベルRaven Recordsが3rd、4th、5thアルバムの3イン2に続けて6thと7thアルバムの2イン1を復刻した。  オーストラリアのレーベルと言うことで心配していた音質については、前作の3イン2ではほとんど問題なしだった。  …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Rita Coolidge(リタ・クーリッジ) 3rd / 4th / 5th (3イン2) その2

 前回に引き続きRita Coolidgeの2回目。  1stと2ndアルバムの2イン1がイギリスの復刻専門レーベルBeat Goes On Recordsだったのに対し、今回はオーストラリアの復刻専門レーベルRaven Recordsから3rd、4th、5thアルバムが3イン2で復刻された。  本国アメリカから更に遠ざかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Rita Coolidge(リタ・クーリッジ) 1st / Nice Feelin'(2イン1)

 永らく廃盤状態が続いていたRita Coolidgeのオリジナル・アルバムが、08年から様々な形態で復刻されている。  思えば04年発売の2枚組ベストが24ビット・リマスターにより素晴らしい音質であったことから、オリジナル・アルバムのリマスター復刻を心待ちにしていたのだか、やっとのことで希望が叶った。 Delta La…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

James Taylor (ジェイムス・テイラー) One Man Dog 24k Gold CD

 James Taylorの4ThアルバムOne Man Dogが米国Audio Fidelity社から発売された。  70年代前半の米国シンガー・ソング・ライター・ブームの発火点として、2ndアルバムSweet Baby JamesのCDは持っていた。  ミュージック・ヒストリーを知るうえでマストなアルバムと思い、購入した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Steely Dan (スティーリー・ダン) Aja (彩 エイジャ) SACD-SHM

 10年12月31日(消印有効)までにSACD-SHMを4枚買えば1枚プレゼントの4Buy 1Getキャンペーンが開催されており、数合わせで慌てて買った2枚のうちの1枚。  期限に間に合うか心配だったが無事到着した。  本作は2010年6月30日にSACD-SHMの第1弾として発売されたものだ。    ハイブリッドではな…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ピアノ名盤9 Saturday In The Park(サタデイ・イン・ザ・パーク) Chicago

 シカゴ(Chicago)と言えば、日本ではブラッド・スウェット・アンド・ティアーズ (Blood, Sweat & Tears、BS&T)やチェイス(Chase)等と共に、60年代後半からブームとなったブラス・ロック(Brass Rock)として語られる。  でも、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Linda Ronstadt(リンダ・ロンシュタット) Hasten Down The Wind

 10年7月7日Linda Ronstadtのオリジナル・アルバム5作が再発される。  記憶違いでなければ、国内盤としては初リマスター化のはず。  それと、紙ジャケット仕様だ。  一方、米国では既に07年より24カラット・ゴールドCD+紙ジャケットで5作のうち4作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Minnie Riperton (ミニー・リパートン) Perfect Angel (2イン1)

 英国Stateside RecordsからMinnie RipertonのLPが2イン1で復刻されている。  復刻と言っても廉価再発であり、レーベル名もあまり馴染みがない。素性の判らない独立系レーベルに有りがちな「安かろう、悪かろう」では意味が無いので、心配になって調べて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

B.J.Thomas(ビー・ジェー・トーマス)  2LP in 1CD シリーズ(その3)

 最近のCollectors' Choice Musicの2イン1で良いのは、ブックレット中の1ページ全面を使ってオリジナル・ジャケットが掲載されていること。昔よくあったジャケットが小さいとか、重なっているというような下品な仕事が無くなった点で大きく評価できる。  ←SP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

B.J.Thomas(ビー・ジェー・トーマス)  2LP in 1CD シリーズ(その2)

 前回の(その1)に引き続いてオリジナルLPの2イン1についてコメントしたい。その前に、今回米国Collectors' Choice Musicに4枚まとめて注文したところ、発送が少し遅くなったのだが、CD4ケースの他に↑上記のものと同じブックレットが入っており、裏面にB.J.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Dolly Parton(ドリー・パートン) Dolly (4CD Box)

 Dolly Rebecca Partonは46年1月19日12人兄弟の4番目として生まれた。身長157センチ、家族の中で初めて高校に通ったそうで、裕福な家庭ではなかったようだが音楽好きの家族に囲まれて育ったとのこと。カントリー・ミュージックの女王として米国では知らぬ者はいないのだが、日本での知名度はそれに遠く及ばない。私自身この映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Linda Perhacs(リンダ・パーハクス) Parallelograms(1st LP+α)

ず~っと気になっていたアルバム。 アシッド・フォークの女王? いったい誰? まったく知らなかった女性。 アシッドって何?サイケデリック・フォークのこと? サイケのイメージってどんな感じ? ドラッグ? トリップ? ヒッピー? タイトルの「平行四辺形」に隠された意味があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more