テーマ:ジャズ

SHANTI Sunny and Blue ~J-pop'n Jazz~

 SHANTIのミニライブ&サイン会に行ってきました。  会場:名古屋パルコ西館1Fイベントスペース  日時:11年8月21日(日)14:00START(13:30集合)  名古屋パルコのタワー・レコードのインストア・イベントと言えば、  98年7月20日のケイコ・リー 4thアルバム If It's Love  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Grant Green (グラント・グリーン) Green Street SACD

 Herbie HancockのMaiden Voyage(処女航海)がSACD化されたのだが、我が家では嫁さんからトランペット禁止令が出ているので、逆鱗に触れた場合に備えてもう1枚買ったのがこのGrant GreenのGreen Streetだった。  ジャズ・ギタリストのSACDはWes MontgomeryのIncr…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Nat King Cole (ナット・キング・コール) After Midnight SACD

 10年に2枚、11年に2枚と米国Analogue ProductionsからNat King ColeがSACDで復刻されている。  とりあえずAfter Midnightを買ったのだが、その秀逸な音質に驚嘆している。  このアルバムは91年発売の国内盤を持っているのだが、これは90年に米国Capitol Recordsか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Sinatra  Jobim The Complet Reprise Recordings

 Frank Sinatra(フランク・シナトラ)とAntonio Carlos Jobim(アントニオ・カルロス・ジョビン)のボサ・ノヴァ集の編集盤が発売された。  編集盤と言ってもReprise Recordsでの全録音20曲を完全収録している。  まず収録された音源について発売順に整理しておこう。  アルバム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

John Coltrane(ジョン・コルトレーン) Ballads(バラード) SACD-SHM

 10年12月31日(消印有効)までにSACD-SHMを4枚買えば1枚プレゼントの4Buy 1Getキャンペーンが開催されており、数合わせで慌てて注文した2枚のうちの1枚。  期限に間に合うか心配だったが2日間で到着した。  John Coltrane(ジョン・コルトレーン)のアルバムで最初に買ったアルバムだ。  私が持っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Diana Krall (ダイアナ・クラール) Love Scenes SACD

 97年8月26日発売のダイアナ・クラールの4thアルバム。  前回99年6月8日発売の5thアルバムWhen I Look in Your Eyesを先にレビューした。  その中でヴォーカリストとして実力がありながら、  演奏と唱法がミスマッチ、  ジャズの多重録…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Diana Krall(ダイアナ・クラール)When I Look In Your EyesSACD

 02年発売のDiana KrallのSACD。  ノン・ハイブリッドであるが、2チャンネル+マルチ・チャンネル仕様。  2チャンネルのみの試聴であるが、とにかく音質は秀逸。  何の問題点もない。  ジャケットやブックレットの写真もステキだ。  パーソネルは、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Felicia Sanders(フェリシア・サンダース)Song From Moulin Rouge

 このジャケットにやられてしまった。  誰だ?この人…。  名前を見ても全く判らなかった。  ジャケットを見て、ビビッときた自分の感性を信じて買ってみた。  Percy FaithのMoulin Rougeでヴォーカルを担当していたのか。  こんなに美しい女性だったと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Nancy Wilson How Glad Am I /Gentle Is My Love 2in1

 Nancy Wilsonの60年代中期のオリジナル・アルバムが2イン1で復刻された。  09年米国DRG Recordsからの発売で、64年のHow Glad I Amと65年のGentle Is My Loveに3曲のボーナス・トラックが追加されている。(一部通販サイトで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Bill Evans Trio(ビル・エヴァンス・トリオ) Explorations (SACD)

 ジャズの知識とか奏法には詳しくないのだけれど、音楽愛好家の「たしなみ」として、音楽雑誌等を参考にいわゆる名盤(と言うよりは入門盤)をある程度買いそろえた。  幸運だったのは80年代後半にCDが普及していく中で、50年代60年代のジャズの巨人たちの名盤が次々に復刻され、まるで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more