テーマ:イギリス 70s

Gerry Rafferty (ジェリー・ラファティ) City To City 2CD その2

 前回からかなり間が空いたがGerry Raffertyの2ndソロ・アルバムCity To Cityの2回目。  前回には75年のStealers Wheel解散後の訴訟問題から3年間音楽活動を制限されたと書いたが、訴訟ではなく契約に拘束されて新しい作品を発表出来なかったようだ。  77年から新しいアルバムの準備・録音に取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Paul McCartney(ポール・マッカートニー) McCartney デラックス盤

 10年に発売されたBand On The Run -Deluxe Editionに続きPaul McCartneyのソロ・アルバムが2枚がデラックス盤で発売された。  レーベル移籍に伴う93年以来のリマスター復刻となったもので、1枚もの、2枚組、2枚組+DVDの3種類が発売されたのだが、日本盤は1枚ものを除きShm-CD仕様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Police (ザ・ポリス) Outlandos D'amour SACD-SHM

 ユニバーサルミュージックが10年12月31日(消印有効)までにSACD-SHMを4枚買えば1枚プレゼントの4Buy 1Getキャンペーンが開催していた。  郵便局で100円の手数料を払って400円の定額小為替を買い、  80円切手を貼った封書で帯を4枚郵送するのが応募条件。  定価4,500円をHMVでポイント15倍キャンペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Kinks (ザ・キンクス) One For The Road SACD

 HMVジャパンで輸入盤1,490円キャンペーンが開催されていた。  こういうキャンペーンの場合、SACDを検索してもあまりヒットしない。  特にロック系は…。  ところがである、今回ダメ元で検索したら驚く結果となった。  ザ・キンクス(The Kinks)のSACDが大量にヒットした。  ここでThe Kinks…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Supertramp (スーパートランプ) Breakfast In America 2CD

 Supertramp(スーパートランプ)のBreakfast In America(ブレックファスト・イン・アメリカ)が2枚組でデラックス盤化された。  本アルバムは6作目にして、セールス的には彼らの代表作といえる。  79年3月発売。全英3位、全米では通算6週間1位。  69年にプログレッシヴ・ロック・バンドとして英国で結成さ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Paul McCartney&Wings (ポール・マッカートニー) Band On The Run

 延期となっていたPaul McCartney & WingsのBand On The Runが発売された。  数種類のヴァリエーションが用意されているのだが、国内盤では、  ①通常盤 CD1枚 ↑  ②デラックス・エディション SHM-CD2枚(本編+ボーナス)+DVD1枚のセット↓  ③スーパー・デラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

John Lennon(ジョン・レノン) Signature Box(ジョン・レノンBOX)その10

 前回に引き続いてJohn Lennonのボックスの10回目。  前回はアルバムMind Games(ヌートピア宣言)についてだったが、今回はWalls And Bridges(心の壁、愛の橋)だ。   73年10月アルバムMind Gamesのプロモーションのため訪れたロサンゼルスA&M Studiosで、Johnは再…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

John Lennon(ジョン・レノン) Signature Box(ジョン・レノンBOX) その9

 前回に引き続いてJohn Lennonのボックスの9回目。  前回はアルバムSometime In New York Cityについてだったが、今回はこのボックスの発売前にプレ・レビューしたMind Games(ヌートピア宣言)だ。   72年からJohnはニュー・ヨークのRecord Plant StudiosでYo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

John Lennon(ジョン・レノン) Signature Box(ジョン・レノンBOX) その8

 前回に引き続いてJohn Lennonのボックスの8回目。  前回はアルバムPlastic Ono Band(邦題:ジョンの魂)についてだったが、今回はYokoとのコラボで、おまけ扱いのライブ1枚を含む2枚組で発売されたSometime In New York Cityについて。  このアルバムも05年にリミックス&リ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

John Lennon(ジョン・レノン) Signature Box(ジョン・レノンBOX) その7

 前回に引き続いてJohn Lennonのボックスの7回目。  前回はアルバムImagineについてだったが、今回はその1つ前のアルバムでThe Beatles解散後に最初に出たPlastic Ono Band(邦題:ジョンの魂)について。  タイトルはPlastic Ono Bandとなっているが、実質的にはJohnの1st ソロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

John Lennon(ジョン・レノン) Signature Box(ジョン・レノンBOX) その6

 前回に引き続いてJohn Lennonのボックスの6回目。  前回はアルバムRock 'n' Rollについてだったが、今回は1番聴き込んでいるアルバムImagineについて。  ようやく比較試聴開始だ!  本作も最初に聴いたのはLPでだったが、手持ちのCDを紹介しておこう。  まずは、00年発売のリミックス&リマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

John Lennon(ジョン・レノン) Signature Box(ジョン・レノンBOX) その5

 前回に引き続いてJohn Lennonのボックスの5回目。  前回は私の音質、リマスター、リミックスについての考えを述べた。  いよいよ、今回聴き比べについてレビューしようと思ったのだが、  最初に手が伸びたのはリミックスCDを持っていない、  と言うよりはアナログLPでしか聴いたことのないRock 'n' Rollだ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

John Lennon(ジョン・レノン) Signature Box(ジョン・レノンBOX) その4

 前回に引き続いてJohn Lennonのボックスの4回目。  今回から音質について述べたい。  まず、私の音質に対する基本的な考えはMind Games(ヌートピア宣言)のレビューで述べているのでそちらを参考にして欲しい。  私の前提条件を明確にしておこう。  ・Plastic Ono Band(ジョンの魂)以降のオリジナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

John Lennon(ジョン・レノン) Signature Box(ジョン・レノンBOX) その3

 前回に引き続いてJohn Lennonのボックスの3回目。  聴く前に日・米・英のAmazonのレビューを見てみたが賛否両論だね。  様々なファンがそれぞれのこだわりで自論を展開していて面白い。  そう言う自分も、Johnのことになると、もはや冷静ではいられない。  客観性も吹き飛んでしまう。  Love & Peaceを忘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

John Lennon(ジョン・レノン) Signature Box(ジョン・レノンBOX) その2

 前回に引き続いてJohn Lennonのボックスについて。  聴く前に日・米・英のAmazonのレビューを見てみたが賛否両論だね。  様々なファンがそれぞれのこだわりで自論を展開していて面白い。  そう言う自分も、Johnのことになると、もはや冷静ではいられない。  客観性も吹き飛んでしまう。  Love & Peaceを忘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

John Lennon(ジョン・レノン) Signature Box(ジョン・レノンBOX) その1

 待ちに待ったJohn Lennonのボックスが到着した。  聴く前に日・米・英のAmazonのレビューを見てみたが賛否両論だね。  様々なファンがそれぞれのこだわりで自論を展開していて面白い。  そう言う自分も、Johnのことになると、もはや冷静ではいられない。  客観性も吹き飛んでしまう。  Love & Peaceを忘れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

John Lennon(ジョン・レノン) Mind Games(ヌートピア宣言)

 10年10月4日(日本国内盤は6日)にJohn Lennonのアルバムが復刻される。  オリジナル・ミックスによるリマスターというのが売りらしい。  前回のリマスター復刻はミレニアム・エディションとして00年からImagineを皮切りに始まった。  最大の売りはリミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Summer Wine  Wasn't It Nice In New York City? 

 多くの人に知って欲しいソフト・ロックの隠れた名曲がある。  Summer WineのWasn't It Nice In New York City?という曲。  73年頃録音されながら、99年にEm Recordsに発掘されるまで未発表だった。  お蔵入りしていたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Nolan Sisters(ノーラン・シスターズ) 20 Giant Hits+α(2CD)

 78年8月イギリスで3位まで上昇し、The Nolan Sistersにとってメジャー移籍の足掛かりを作った記念すべきアルバム。また、この年次女のDeniseが脱退してしまうのでオリジナル・メンバーで発表した最後のアルバム。その当時の大ヒット20曲をカヴァーしているのだが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more