テーマ:イギリス 60s

Gilbert O'Sullivan (ギルバート・オサリバン) Himself デラックス盤その2

 前回に続いてGilbert O'Sullivanの1stアルバムHimselfの2回目。  まずは、デビューからのディスコグラフィーを整理しておこう。  Raymond Edward O'Sullivanは46年12月1日アイルランド南東部ウォーターフォードに生まれ、一家は60年に英国南部のウィルトシャー州スウィンドン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Gilbert O'Sullivan (ギルバート・オサリバン) Himself デラックス盤

 11年11月英国SalvoからGilbert O'SullivanのデビューLPがCD復刻された。  12年2月には2nd LP Back To Frontが発売予定なので、今後シリーズ化されていくようだ。  ところで、このSalvoというレーベルどうなの?  あまり聞き慣れないと思うかも知れないが、新興ではあるもののS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Kinks (ザ・キンクス) The Kinks in Mono 10CD Box

 11年英国でThe KinksのMonoボックスが発売された。  09年のThe BeatlesのMonoボックスにあやかってのことだと思う。  真似とはいえ企画としては悪いことではないし、60年代に活躍したアーティストについては、歓迎されるべき企画だと思う。  Stereo再生がハード面で一般消費者に普及し始めたのは5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Rolling Stones Their Satanic Majesties Request

 Let It Bleed、そしてBeggars Banquetに続きThe Rolling StonesのDecca時代のオリジナル・アルバムがSACD-Shm化された。  Their Satanic Majesties Request  67年12月8日発売。  英国で6作目、米国で8作目のオリジナル・アルバム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Kinks(ザ・キンクス) Something Else By デラックス盤(2CD)その3

 前回に引き続いてThe KinksのSomething Else By The Kinksの3回目。  今回もデラックス盤に期待されるのは、  ①初めて耳にするStereo盤の内容、  ②Mono盤の再リマスターによる音質アップ、  ③ボーナス曲の充実度の3点だが、前回は②についてレビューした。  今回は③に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Kinks(ザ・キンクス) Something Else By デラックス盤(2CD)その2

 前回に引き続いてThe KinksのSomething Else By The Kinksの2回目。  今回もデラックス盤に期待されるのは、  ①初めて耳にするStereo盤の内容、  ②Mono盤の再リマスターによる音質アップ、  ③ボーナス曲の充実度の3点だが、前回は①についてレビューした。  今回は②に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

The Kinks(ザ・キンクス) Something Else By デラックス盤(2CD)

 前回の1stアルバムKinksに続いての2枚組デラックス盤について。  今回はThe ZombiesのOdessey & Oracleのレビューの時に、同じく英国で67年に録音された名盤として取り上げたSomething Else By The Kinksをレビューしたい。  英国Amazonから届いたのだが、予想どおり4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kiki Dee (キキ・ディー) The Fontana Years 1963-1968 その3

 前回に引き続いてKiki Deeの3回目。  本CDは63年から68年のFontana Recordsでの全曲を収録しているのだが、驚かされるのは足掛け6年も在籍しながら1曲もヒットがないことだ。  どんなに実力があってもシングルを3枚ぐらい発売しても、芽が出ないようならクビが一般的だ。  あのThe Kinksでさえ2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kiki Dee (キキ・ディー) The Fontana Years 1963-1968 その2

 前回に引き続いてKiki Deeの2回目。  私にとってKiki DeeとはElton Johnとの関係で語られるだけで、60年代と言われても全く想像がつかない。  まずは、英国外のシングルや英国のEPやLPのジャケットを探してみた。  65年2月 Aspetta Domani / Senza Te(イタリア盤) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kiki Dee (キキ・ディー) The Fontana Years 1963-1968

 Kiki Deeが60年代に所属したFontana Recordsの音源が発売された。    I'm Kiki Dee The Fontana Years 1963 - 1968  曲によってはMono盤とStereo盤の両方のテイクがあるのだが、少なくとも公式に発表された曲はMonoかStereoのいずれかで完全収…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

The Kinks(ザ・キンクス) Kinks 1st LP デラックス盤(2CD) その3

 前回に引き続いてThe Kinksの1st LP Kinksのデラックス盤についての3回目。  今回のデラックス盤に期待されるのは、  ①初めて耳にするStereo盤の内容、  ②Mono盤の再リマスターによる音質アップ、  ③ボーナス曲の充実度の3点であり、前回は②についてレビューした。  それでは今回は③につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Kinks(ザ・キンクス) Kinks 1st LP デラックス盤(2CD) その2

 前回に引き続いてThe Kinksの1st LP Kinksのデラックス盤についての2回目。  今回のデラックス盤に期待されるのは、  ①初めて耳にするStereo盤の内容、  ②Mono盤の再リマスターによる音質アップ、  ③ボーナス曲の充実度の3点であり、前回は①についてレビューした。  それでは今回は②から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Kinks(ザ・キンクス) Kinks 1st LP デラックス盤(2CD)

 11年になってThe Kinksのオリジナル・アルバムのデラックス盤化が始まった。  98年に1度リマスターされており、その素晴らしい音質とボーナス曲が多数収録されたことで、現在でもカタログに残っている。  ↑現在入手可能なのは09年発売の廉価日本盤。  本編14曲はMono盤を採用。  12曲のLP未収録…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Zombies(ゾンビーズ) Begin Here (Decca Mono 1964-67) #11

 前回に引き続きThe Zombiesの11回目にして最終回。  2ndアルバムOdessey & Oracleの2枚組デラックス盤のレビューをはじめた時は、同時に発売された1stアルバムには特に強い思い入れも無かったので買うつもりは無かった。  しかし、2ndの音質が素晴らしかったので、どうしても1stアルバムも聴きた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Zombies(ゾンビーズ) Begin Here (Decca Mono 1964-67) #9

 前回に引き続きThe Zombiesの9回目。  前回は02年米国Audio Fidelityから発売されたSACDをレビューした。  同じく米国のVarese Sarabandeから03年と04年に2枚のアルバムが発売されている。  1枚目が米国1st LP The Zombiesのボーナス付きでの復刻だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Zombies(ゾンビーズ) Begin Here (Decca Mono 1964-67) #6

 前回に引き続きThe Zombiesの6回目。  今回は00年英国Big Beat Recordsから発売されたシングル集から始めたい。  同社から既に1stと2nd LPがボーナス付きリマスター復刻されているが、4枚組ボックスは別として大量のシングルが未収録となっていた。  それらを網羅すべく、The Single…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Zombies(ゾンビーズ) Begin Here (Decca Mono 1964-67) #5

 前回に引き続きThe Zombiesの5回目。  今回からは99年以降の復刻状況についてコメントしたい。  97年の4枚組ボックスZombie Heavenからリマスターが本格化した。  順番が逆になったが、98年に30周年となる2nd LP Odessey & Oracleが先に復刻され、99年には1st LP B…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Zombies(ゾンビーズ) Odesey&Oracle CBS Years 1967-69 #4

 前回に引き続きThe ZombiesのOdessey & Oracleの4回目。  いよいよ、The CBS Years 1967-1969の音質について述べよう。  以前に98年発売の30周年盤(Stereo+Mono)で満足し、08年の40周年盤は購入を見送ったと書いた。  なぜ、今回購入したか?  やはり、T…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Zombies(ゾンビーズ) Odesey&Oracle CBS Years 1967-69 #3

 前回に引き続きThe ZombiesのOdessey & Oracleの3回目。  前回はThe ZombiesとAl Kooperとの関わりについて述べた。  ここで超個人的な話だけど、89年にテイチクの3枚のCDを買ってもThe Zombiesに対しては特別な思い入れはなかった。  チャート・マニアの私として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Zombies(ゾンビーズ) Odesey&Oracle CBS Years 1967-69 #2

 前回に引き続きThe ZombiesのOdessey & Oracleの2回目。  前回は30周年記念のMono盤を聴いての感想を述べたが、期待が大き過ぎたせいか思ったほどではなかった。  ただし、このStereoとMonoの2イン1を手に入れたことで、とりあえず欲求不満は解消できた。  ここで、Odessey …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Zombies(ゾンビーズ) Odesey & Oracle CBS Years 1967-1969

 11年ドイツのRepertoire RecordsからThe ZombiesのOdessey & Oracleが復刻された。  副題にThe CBS Years 1967-1969とあり、2枚組のデラックス盤となっている。  繰り返される復刻に、正直言って「また、出たか!」が本音である。  既にアナログ盤も持っているので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more