テーマ:イギリス 60s

Rolling Stones(ローリング・ストーンズ) Beggars Banquet 

前回のLet It Bleedに続いて、Beggars BanquetがSACD-SHM化された。  定価4,500円は高いと思いながらも買ってしまった。  なぜなら02年発売の旧盤のハイブリッドSACDはとっくの昔に廃盤であり、  Amazonのマーケット・プレイスで探しても4,500円以上するからね。  と言うよ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Rolling Stones(ローリング・ストーンズ) Let It Bleed その3

 前回に引き続きLet It Bleed SHM-SACDの3回目。  やっと、予定日経過による無料分割発送指定により今日届いた。  まずは、ジャケットは8面四つ折りの紙ジャケット仕様。  ????  ジャケットの内側に解説が印刷されている。  オリジナルのライナー・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Rolling Stones(ローリング・ストーンズ) Let It Bleed その2

 前回に引き続いてのLet It Bleedの2回目。  再販制度の規制を受ける国内盤CDに該当しないSACD。  通常なら新譜であっても値引き出来るところ、今回は値引きなし。  一部のサイトでは10%程度値引きしているようだが、通常なら競って値引きする大手サイトでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Vernons Girls(ザ・ヴァーノンズ・ガールズ) We Love 1962-1964

 The Vernons Girlsは1950年代中盤、英国リバプールのある企業のイメージ・アップのために結成された。  その企業はVernonsと呼ばれた賭けの胴元で、サッカーの試合結果を賭けの対象としていた。  日本では公営ギャンブルや宝くじ等の例外を除き、賭博は違法で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Rolling Stones(ローリング・ストーンズ) Let It Bleed(SHM-SACD)

 10年6月30日ユニバーサル・ミュージックよりSHM-SACDなるものが発売される。  SHM-CD(スーパー・ハイ・マテリアルCD)が出始めた頃は、素材を替えただけでCDの音が良くなるなんて素晴らしいと思った。  通常CDが全てSHM-CDになって行くのかなら大歓迎と思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK BS ジョン・レノンの魂 ~アーティストへの脱皮 苦悩の時代

 平成22年6月12日午後8時にNHK BSハイビジョンで、John Lennonを題材にしたドキュメンタリー風の再現ドラマが放送された。  内容はBeatleとしてのオフィシャル(公)の部分ではなく、John Winston Lennonとしてのプライベート(私)の部分について…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Tell Me Ember Beat Vol.1 (1962-64) Various

 62年に設立された英国の独立系レーベルEmber Records。4大メジャー・レーベルと言われたEmi、Decca、Philips、Pyeの他にも多くの独立系レーベルが存在したわけだが、短命のものもあれば、Emberのように79年までとかなり長期間存続したレーベルもある。本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Procol Harum(プロコル・ハルム) Procol harum (1st LP+bonus)

 68年1月発売のProcol Harumの1st LPがボーナス満載で復刻された。近年SladeやMoveの復刻にも力を入れている英国Salvoにより、現時点で10th LP Something Magicまでの復刻が完了している。3面見開きの特殊紙ジャケット仕様であるが、なぜかイタリアのLPのピンク色のジャケットを採用している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more