テーマ:クラシック

東京フィルハーモニー交響楽団 第799回定期演奏会 2011年2月13日

 2月14日(月)から5日間東京で研修があったのだが、朝が早かったため13日(日)は前泊することとなった。  おかげで1日自由時間が出来たので、コンサートと美術館に行くことにした。  以前からレコード屋のはしごで1番土地勘のある渋谷で、最適なカップリングを見つけた。  BUNKAMURAのオーチャード・ホールとザ・ミュージアム。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッハ オルガン名曲集 トッカータとフーガニ短調 ジグモンド・サットマリー(XRCD SHM-CD)

 在庫限りでビクターのXRCD SHM-CDが1,890円で廉価販売されている。  99年に20ビット・マスタリングでXRCD化されたが、08年にSHM-CDで再発売されたものだ。  最高音質のCDとの触れ込みだったが、SACDが消滅していない中での定価3,800円は割高感があった。  今回それが半額以下の大盤振る舞いだ。  と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリオーズ 幻想交響曲 シャルル・ミュンシュ&ボストン交響楽団(XRCD SHM-CD)

 在庫限りでビクターのXRCD SHM-CDが1,890円で廉価販売されている。  99年に20ビット・マスタリングでXRCD化されたが、08年にSHM-CDで再発売されたものだ。  最高音質のCDとの触れ込みだったが、SACDが消滅していない中での定価3,800円は割高感があった。  今回それが半額以下の大盤振る舞いだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャイコフスキー マンフレッド交響曲 キタエンコ&ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団 SACD

 チャイコフスキー(Pyotr Il'yich Tchaikovsky)が作曲した6曲の交響曲とは別に、番号が付けられていない交響曲があったなんて最近まで知らなかった。    マンフレッド交響曲 ロ短調作品58 ( Manfred Symphonie h-Moll op.58 )  交響曲4番と5番の間の1885年に作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Leonard Bernstein The Symphony Edition 60CD その2

 レナード・バーンスタインの60枚組のボックス。  旅行中に届いていた。  時差ボケもあったのだろうか、大きめのダンボールに入っていたため、逆に存在を忘れていた。  2週間経って思い出した。  前回の発売前のブログでは、音質が気になるので買うのは他の人のレビューを見てからと書い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Leonard Bernstein The Symphony Edition 60CD その1

 Sony Classicalからレナード・バーンスタインのBoxが発売される。  それも60枚組でLPサイズのカートン・ボックス仕様だ。  CBS、Columbia音源から交響曲を収録しているそうだ。  今のところ価格設定も良心的。  逆に肝心な音質が心配になってくる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kyung Wha Chung (チョン・キョンファ) 40 Legendary Years Box

 長い間気になっていた大韓民国出身の名ヴァイオリニスト。  アジアの至宝と言うよりは、もはやクラシック界の至宝と呼ぶべきなのだろう。  名前だけは知っていたのだが、聴く機会に恵まれなかった。  ただ、10年以上前にNHKでEd Sullivan Showの傑作選が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

展覧会の絵(ムソルグスキー) Mariss Jansons指揮  Hybrid SACD

 私はクラシック音楽の専門教育を受けたことがないので知識は浅いし、楽器の演奏が出来ないどころか楽譜さえ読めない。でも、音楽はジャンルに関係なく好きなので、クラシックだけを特別扱いしたくはないし、間違っても「ベートーヴェンの第9は○○年の××指揮が最高で、他は取るに足らない」的な…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Deutsche Grammophon(ドイツ・グラモフォン) 111Years(55CD Box)

 ↓00年発売のThe Beatlesの1  ←絶対パロディ(逆襲?)だよね。  84年初めてCDプレーヤーを買った。  グラミー賞授賞式でレナード・バーンスタイン氏が「音楽にジャンルは関係ない。あるのは、それがあなたにとってGood Musicか、Bad Musicかということだけだ。バッハやベートーベン、ビート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more