テーマ:音楽

The Beatles (ザ・ビートルズ) Mono Vinyl Box Set 14LP

 12年11月のStereo Vinyl Boxが発売された際、13年にはMono Vinyl Boxの発売も計画されているとの情報があったが、やっとのことで実現した。  前回のStereo Vinyl Boxの頃は円高だったこともあり、国内盤との価格差約30,000円を考慮して米国Amazonから取り寄せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レコードコレクターズ 9月号 「特集 日本の女性アイドル・ソング・ベスト100」

レコード・コレクターズ2014年09月号ミュージックマガジン 2014-08-12 Amazonアソシエイト by 「特集 日本の女性アイドル・ソング・ベスト100」 何となく選曲が偏ってるような・・・ 所詮、音楽なんて、聴く人の好き嫌いの世界 聴く人によっては、ヒット曲でも、クズ同然であったり 全く売れなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sheena Easton You Could Have Been With Me 2オン2

 13年3月英国EdselからSheena Eastonのオリジナル・アルバムが復刻された。  前回の1stアルバムTake My Timeの復刻が09年10月だから久しぶりだ。  前回のレビューはこちら。  今回レーベルがCherry PopからEdselに変更になり、1枚単独ではなく、2イン1でもなく、Ed…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Eydie Gorme & Steve Lawrence Cozy/Two On The Aisle

 英国の復刻専門レーベルSepia RecordingsからSteve LawrenceとEydie Gormeの夫婦名義での2枚のアルバムの2イン1にシングルを加えた編集盤が発売された。  編集盤ではあるがUnited Artists Recordsでは2枚のアルバムと1枚のシングルしか確認できなかったので、恐らく同レーベル…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

Laura Nyro (ローラ・ニーロ) Live At Carnegie Hall 1976

 12年12月にLaura Nyroのライブ音源が発掘された。  All Accessという馴染みのないレーベルなのだが、迷った末に安かったので思い切って購入した。  スリップ・ケース入りなのだが、レーベルに関してはカタログ番号AACD0109の他にはℂ 2012 All Accessとあるだけで、住所も国名もホ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

The Chic Orgnization Box Set Vol.1 Savoir Faire

 オリジナル・アルバムのリマスター化が全く進まず、出るのはベスト盤ばかり。  このボックス・セットも長い間ショッピング・カートに入れたままだった。  迷いに迷ったあげく円安に為替がシフトしたこともあり買ってしまった。  フランスRhino Records編集の4枚組ボックス・セット。↓ NILE RODGERS PR…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

The Beatles (ザ・ビートルズ) Stereo Vinyl Box Set 16LP

日本のAmazonにThe BeatlesのStereo Vinyl Box Setを予約注文し、12年10月12日以下のメールを受け取って驚愕した人は多いんじゃないだろうか。 Amazon.co.jpをご利用いただき、ありがとうございます。 誠に申し訳ございませんが、以下の商品について、UK盤の仕入れとなり、調達…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Small Faces (スモール・フェイセズ) Ogdens Nut Gone Flake 3CD

 このアルバム、一体何枚持ってるのだろうか・・・。  あー、もう絶対買わないと思ってたのに買ってしまった。  まずは過去の復刻を整理しておこう。  90年代までImmediate音源に関しては訴訟のゴタゴタにより、マスター・テープの使用が困難であったため、決して良い音質とは言えない復刻が繰り返されていた。  そのよう…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

角川映画 主題歌集 デラックス 2CD

 角川映画のコンピレーションは過去に何回も発売されており、何度も買いそうになったのだが、なぜか買いそびれていた。  頻繁に発売される割には変わり映えしない内容に、いつしか「もうどうでもいいわ!」という気持ちになっていた。  今回も76年の「犬神家の一族」公開から35周年を記念して主題歌集が発売されたのだが、「またか~」という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Golden Age Of American Rock'n'roll Vol.12

 英国復刻専門レーベルAce Recordsから看板シリーズの最新盤が届いた。  今回でVol.12となるのだが、もう何十枚も買っている気がする。  このシリーズはGolden Age Of American Rock 'n' Rollとして始まったのだが、  途中でDoo WopやCountryやNovelt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西村 由紀江 Piano (DVD付) (初回生産限定盤)

 しばらく「ピアノ名盤」シリーズはお休みしているのだが、今回は趣向を変えてマイ・アイドル西村由紀江さんについて。  10年に「Piano」というタイトルのアルバムを発売したのだが、DVD付きのデラックス盤と1曲多い通常盤が併売されている。 PianoHATS UNLIMITED…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京フィルハーモニー交響楽団 第799回定期演奏会 2011年2月13日

 2月14日(月)から5日間東京で研修があったのだが、朝が早かったため13日(日)は前泊することとなった。  おかげで1日自由時間が出来たので、コンサートと美術館に行くことにした。  以前からレコード屋のはしごで1番土地勘のある渋谷で、最適なカップリングを見つけた。  BUNKAMURAのオーチャード・ホールとザ・ミュージアム。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッハ オルガン名曲集 トッカータとフーガニ短調 ジグモンド・サットマリー(XRCD SHM-CD)

 在庫限りでビクターのXRCD SHM-CDが1,890円で廉価販売されている。  99年に20ビット・マスタリングでXRCD化されたが、08年にSHM-CDで再発売されたものだ。  最高音質のCDとの触れ込みだったが、SACDが消滅していない中での定価3,800円は割高感があった。  今回それが半額以下の大盤振る舞いだ。  と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーディオ・チェック SACD DENON COGQ-28

 82年のCD登場以降オーディオ用のサウンド・チェックCDが数多く発売されてきた。  マニア向けに周波数特性チェックや位相チェックのための電気信号を収録したものもあれば、当初はCD自体が黎明期ということもあり、そのデモンストレーションを兼ねて演奏の他に波、花火、鐘、SL、カー・レース等も含めた音源集的なものもあった。  特にCDの開…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ベルリオーズ 幻想交響曲 シャルル・ミュンシュ&ボストン交響楽団(XRCD SHM-CD)

 在庫限りでビクターのXRCD SHM-CDが1,890円で廉価販売されている。  99年に20ビット・マスタリングでXRCD化されたが、08年にSHM-CDで再発売されたものだ。  最高音質のCDとの触れ込みだったが、SACDが消滅していない中での定価3,800円は割高感があった。  今回それが半額以下の大盤振る舞いだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頂上体験~曇りなき世界~SA-CD SHM仕様~聴き比べサンプラー

 ユニバーサル・インターナショナルからSACD-SHMの体験サンプラーが発売された。  高音質が売りなのであるが、いかんせん価格設定が4,500円と異常に高く、敷居の高い存在だったSACD-SHM。  躊躇しているリスナーの背中を後押しすべく、これまた破格な1,500円となっている。  当然、比較試聴用にDisc1にS…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

NHK 環境特集番組「Save The Future」 オアシス21 公開生放送 10年10月11日

 名古屋COP10「国連地球生きもの会議」オープニングに合わせ、名古屋市中心部の栄オアシス21の特設ステージで今年で3年目となる環境特集番組「Save The Future」の公開生放送が行われました。  入れ替えありの2部制で、観覧を申し込んだところ両方当選したので行ってき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Hard to Find Jukebox Classics 1959

 米国ヒット・チャートのコンピレーションは多数あるが、シリーズ化され10年以上続いているものは数少ない。  中でも英国Ace RecordsのGolden Age Of American Rock & Rollと米国Eric RecordsのHard To Findは、オフィシャル音源を使用し、高音質という点で群を抜いている。  ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピーカー・ケーブル BELDEN ベルデン 8470 16GA その21(番外編)

 一旦、前回で終了したスピーカー・ケーブル BELDEN ベルデン 8470 の番外編21回目。  ちまちまとケーブルを切りながら検証してきたのだが、左右のバランスがどうもおかしい。  ここで、兼ねてより懸案だった左右ケーブルの寸法の取り直しをしてみた。  バイ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK BS ジョン・レノンの魂 ~アーティストへの脱皮 苦悩の時代

 平成22年6月12日午後8時にNHK BSハイビジョンで、John Lennonを題材にしたドキュメンタリー風の再現ドラマが放送された。  内容はBeatleとしてのオフィシャル(公)の部分ではなく、John Winston Lennonとしてのプライベート(私)の部分について…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

スピーカー・ケーブル BELDEN ベルデン 8470 16GA その20

 前回に引き続きスピーカー・ケーブル BELDEN ベルデン 8470 の20回目。  前々回よりバイ・ワイアリングに挑戦し、今回は  中高域にスピーカー端子Bから3メートル27センチ、  低域にスピーカー端子Aから3メートル19センチを接続した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピーカー・ケーブル BELDEN ベルデン 8470 16GA その19

 前回に引き続きスピーカー・ケーブル BELDEN ベルデン 8470 の19回目。  前回からバイ・ワイアリングに挑戦し、  中高域にスピーカー端子Bから3メートル31.5センチ、  低域にスピーカー端子Aから3メートル19センチを接続した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピーカー・ケーブル BELDEN ベルデン 8470 16GA その18

 前回に引き続きスピーカー・ケーブル BELDEN ベルデン 8470 の18回目。  今回やったこと。  1.スピーカー端子Bのケーブルを1.5センチ切って通算18.5センチカットの3メートル31.5センチとした。  当初は1センチ切るつもりだったが、ケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピーカー・ケーブル BELDEN ベルデン 8470 16GA その17

 前回に引き続きスピーカー・ケーブル BELDEN ベルデン 8470 の17回目。  最近はNO残業デーのことをビッグ・ウエンズデーって言うそうですね。  部長と課長よりも早く帰って18時前には家に到着。  ところがである。  ニッパーがない。  切れない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピーカー・ケーブル BELDEN ベルデン 8470 16GA その16

 前回に引き続きスピーカー・ケーブル BELDEN ベルデン 8470 の16回目。  今回も3センチ切って通算28センチカットの3メートル22センチとした。  ほとんど投げやり状態。  チョット飽きてきた。    原点に戻り1番最初に聴いたこれを聴いた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピーカー・ケーブル BELDEN ベルデン 8470 16GA その15

 前回に引き続きスピーカー・ケーブル BELDEN ベルデン 8470 の15回目。  今回も3センチ切って通算25センチカットの3メートル25センチとした。  前回感じたのだが、3センチ切っても高音が抑制されない。  逆に低音の音量が減衰してきたような感じがする…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

スピーカー・ケーブル BELDEN ベルデン 8470 16GA その14

 前回に引き続きスピーカー・ケーブル BELDEN ベルデン 8470 の14回目。  前回は3センチ切って通算19センチカットの3メートル31センチにした。  今回2センチカットのつもりが、プラスが2センチとマイナスが2.5センチと揃わず、結局は3センチ切って通算…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピーカー・ケーブル BELDEN ベルデン 8470 16GA その13

 前回に引き続きスピーカー・ケーブル BELDEN ベルデン 8470 の13回目。  今回は3センチ切って通算19センチカットの3メートル31センチにした。  2センチのつもりが、思い切って3センチ。  思い切った結果が、たったプラス1センチ!  これって、ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピーカー・ケーブル BELDEN ベルデン 8470 16GA その12

 前回に引き続きスピーカー・ケーブル BELDEN ベルデン 8470 の12回目。  今回は2センチ切って通算16センチカットの3メートル34センチにした。    気になっていたテレビに切り替えると、人の声の質感が変わった点については、モノラルで放送されているN…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more