オーディオ・チェック SACD DENON COGQ-28

 82年のCD登場以降オーディオ用のサウンド・チェックCDが数多く発売されてきた。  マニア向けに周波数特性チェックや位相チェックのための電気信号を収録したものもあれば、当初はCD自体が黎明期ということもあり、そのデモンストレーションを兼ねて演奏の他に波、花火、鐘、SL、カー・レース等も含めた音源集的なものもあった。  特にCDの開…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

Sylvie Vartan (シルヴィ・バルタン) Les Annees RCA Vol.1 その3

 前回に続きSylvie VartanのRca時代のボックス・セットLes Annees RCA Vol. 1の3回目。 Vol. 1-Les Annees RCA2010-10-26 Sylvie Vartan Amazonアソシエイト by  副題(宣伝文句?)は以下のとおりである。   ①RCA時代 第1巻 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sylvie Vartan (シルヴィ・バルタン) Les Annees RCA Vol.1 その2

 前回に続きSylvie VartanのRca時代のボックス・セットLes Annees RCA Vol. 1の2回目。 Vol. 1-Les Annees RCA2010-10-26 Sylvie Vartan Amazonアソシエイト by  副題(宣伝文句?)は以下のとおりである。   ①RCA時代 第1巻 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリオーズ 幻想交響曲 シャルル・ミュンシュ&ボストン交響楽団(XRCD SHM-CD)

 在庫限りでビクターのXRCD SHM-CDが1,890円で廉価販売されている。  99年に20ビット・マスタリングでXRCD化されたが、08年にSHM-CDで再発売されたものだ。  最高音質のCDとの触れ込みだったが、SACDが消滅していない中での定価3,800円は割高感があった。  今回それが半額以下の大盤振る舞いだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Pixie Lott(ピクシー・ロット) Turn It Up (Louder)(Expanded)

 前回に引き続いてPixie Lottの2回目。  あれから年を越えたというのに、一向に日本デビューの話が出ない。  一体どうなっているのか?  どうも米国では10年8月24日にフィジカルではなくi Tunesのデジタル配信でデビューしたようなのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Kinks (ザ・キンクス) One For The Road SACD

 HMVジャパンで輸入盤1,490円キャンペーンが開催されていた。  こういうキャンペーンの場合、SACDを検索してもあまりヒットしない。  特にロック系は…。  ところがである、今回ダメ元で検索したら驚く結果となった。  ザ・キンクス(The Kinks)のSACDが大量にヒットした。  ここでThe Kinks…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャイコフスキー マンフレッド交響曲 キタエンコ&ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団 SACD

 チャイコフスキー(Pyotr Il'yich Tchaikovsky)が作曲した6曲の交響曲とは別に、番号が付けられていない交響曲があったなんて最近まで知らなかった。    マンフレッド交響曲 ロ短調作品58 ( Manfred Symphonie h-Moll op.58 )  交響曲4番と5番の間の1885年に作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

C'est Chic ! French Girl Singers Of The 1960s

 英国の復刻専門レーベルAce Recordsからフレンチ・ガールもののコンピレーションが発売された。  C'est Chic ! French Girl Singers Of The 1960s  この種の編集盤はある程度持っているので、今さら買うのもどうかと思った。  でも、復刻に定評のあるAceの作品だし、フランス人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sinatra  Jobim The Complet Reprise Recordings

 Frank Sinatra(フランク・シナトラ)とAntonio Carlos Jobim(アントニオ・カルロス・ジョビン)のボサ・ノヴァ集の編集盤が発売された。  編集盤と言ってもReprise Recordsでの全録音20曲を完全収録している。  まず収録された音源について発売順に整理しておこう。  アルバム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Steely Dan (スティーリー・ダン) Aja (彩 エイジャ) SACD-SHM

 10年12月31日(消印有効)までにSACD-SHMを4枚買えば1枚プレゼントの4Buy 1Getキャンペーンが開催されており、数合わせで慌てて買った2枚のうちの1枚。  期限に間に合うか心配だったが無事到着した。  本作は2010年6月30日にSACD-SHMの第1弾として発売されたものだ。    ハイブリッドではな…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

Delaney&Bonnie&Friends On Tour With Eric Clapton+α

 70年6月発売のDelaney&Bonnie&Friends On Tour With Eric Clapton(Atco SD 33-326)がデラックス盤化された。  それも未発表テイク満載の4枚組ボックス・セットでだ!  このアルバムは09年に日本でShm-CD化されたことはあるが、  米国では初CD化されて以来リマスター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

John Coltrane(ジョン・コルトレーン) Ballads(バラード) SACD-SHM

 10年12月31日(消印有効)までにSACD-SHMを4枚買えば1枚プレゼントの4Buy 1Getキャンペーンが開催されており、数合わせで慌てて注文した2枚のうちの1枚。  期限に間に合うか心配だったが2日間で到着した。  John Coltrane(ジョン・コルトレーン)のアルバムで最初に買ったアルバムだ。  私が持っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Rolling Stones(ローリング・ストーンズ) Beggars Banquet 

前回のLet It Bleedに続いて、Beggars BanquetがSACD-SHM化された。  定価4,500円は高いと思いながらも買ってしまった。  なぜなら02年発売の旧盤のハイブリッドSACDはとっくの昔に廃盤であり、  Amazonのマーケット・プレイスで探しても4,500円以上するからね。  と言うよ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Supertramp (スーパートランプ) Breakfast In America 2CD

 Supertramp(スーパートランプ)のBreakfast In America(ブレックファスト・イン・アメリカ)が2枚組でデラックス盤化された。  本アルバムは6作目にして、セールス的には彼らの代表作といえる。  79年3月発売。全英3位、全米では通算6週間1位。  69年にプログレッシヴ・ロック・バンドとして英国で結成さ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

全日本実業団女子駅伝2010  第1中継所 第5中継所

 昨年の第29回に引き続き、第30回全日本実業団女子駅伝2010の第5中継所からお伝えしたい。  驚いたのは岐阜県で開催されるのは今回が最後となったこと。  第3回から28年間も続いていたので残念で仕方が無い。  思えば岐阜市のような地方都市で、全国に生放送される競技会が開催されていたこと自体が奇跡のようだった。  まさしく冬の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Leonard Bernstein The Symphony Edition 60CD その2

 レナード・バーンスタインの60枚組のボックス。  旅行中に届いていた。  時差ボケもあったのだろうか、大きめのダンボールに入っていたため、逆に存在を忘れていた。  2週間経って思い出した。  前回の発売前のブログでは、音質が気になるので買うのは他の人のレビューを見てからと書い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Jimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)West Coast Seattle Boy その3

 前回に引き続きJimi HendrixのWest Coast Seattle Boyの3回目。  Disc3、カッコよ過ぎ!  さすがに、クズみたいな曲は収録されていない。  むしろ、Jimiの多様性がビシビシと伝わってくる。  それと、トリオ編成のバンドとしてのExperienceの存在。  Jimiを発見し、3人を結びつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more