The Kinks(ザ・キンクス) Something Else By デラックス盤(2CD)その3

 前回に引き続いてThe KinksのSomething Else By The Kinksの3回目。  今回もデラックス盤に期待されるのは、  ①初めて耳にするStereo盤の内容、  ②Mono盤の再リマスターによる音質アップ、  ③ボーナス曲の充実度の3点だが、前回は②についてレビューした。  今回は③に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Kinks(ザ・キンクス) Something Else By デラックス盤(2CD)その2

 前回に引き続いてThe KinksのSomething Else By The Kinksの2回目。  今回もデラックス盤に期待されるのは、  ①初めて耳にするStereo盤の内容、  ②Mono盤の再リマスターによる音質アップ、  ③ボーナス曲の充実度の3点だが、前回は①についてレビューした。  今回は②に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

The Kinks(ザ・キンクス) Something Else By デラックス盤(2CD)

 前回の1stアルバムKinksに続いての2枚組デラックス盤について。  今回はThe ZombiesのOdessey & Oracleのレビューの時に、同じく英国で67年に録音された名盤として取り上げたSomething Else By The Kinksをレビューしたい。  英国Amazonから届いたのだが、予想どおり4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Paul McCartney(ポール・マッカートニー) McCartney デラックス盤 その2

 前回に引き続いてPaul McCartneyのソロ・アルバムMcCartneyデラックス盤の2回目。  今回はその内容について。  まずはDisc1のリマスター盤についてだが、一聴して音質は秀逸であり、旧リマスターCDと聴き比べするまでもない。  この音に文句を付けるとすれば、もはや好き嫌いの問題しかないと思う。  そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Paul McCartney(ポール・マッカートニー) McCartney デラックス盤

 10年に発売されたBand On The Run -Deluxe Editionに続きPaul McCartneyのソロ・アルバムが2枚がデラックス盤で発売された。  レーベル移籍に伴う93年以来のリマスター復刻となったもので、1枚もの、2枚組、2枚組+DVDの3種類が発売されたのだが、日本盤は1枚ものを除きShm-CD仕様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kiki Dee (キキ・ディー) The Fontana Years 1963-1968 その6

 前回に引き続いてKiki Deeの6回目だが番外編。  Kiki Deeが出場した65年のサンレモ音楽祭について。  51年からイタリア北西部のリヴィエラ海岸にあるリゾート地サンレモで開催されているのだが、正式名称はFestival della canzone italiana、英語のItalian song fest…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kiki Dee (キキ・ディー) The Fontana Years 1963-1968 その4

 前回に引き続いてKiki Deeの4回目。  63年から68年のFontana Records在籍時に1曲のヒット曲も無かったことは前回述べたが、後にアレンジを変えてヒットさせたシングルがある。  64年7月発売 (You Don't Know) How Glad I Am / Baby I Don't Care  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kiki Dee (キキ・ディー) The Fontana Years 1963-1968 その3

 前回に引き続いてKiki Deeの3回目。  本CDは63年から68年のFontana Recordsでの全曲を収録しているのだが、驚かされるのは足掛け6年も在籍しながら1曲もヒットがないことだ。  どんなに実力があってもシングルを3枚ぐらい発売しても、芽が出ないようならクビが一般的だ。  あのThe Kinksでさえ2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kiki Dee (キキ・ディー) The Fontana Years 1963-1968 その2

 前回に引き続いてKiki Deeの2回目。  私にとってKiki DeeとはElton Johnとの関係で語られるだけで、60年代と言われても全く想像がつかない。  まずは、英国外のシングルや英国のEPやLPのジャケットを探してみた。  65年2月 Aspetta Domani / Senza Te(イタリア盤) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kiki Dee (キキ・ディー) The Fontana Years 1963-1968

 Kiki Deeが60年代に所属したFontana Recordsの音源が発売された。    I'm Kiki Dee The Fontana Years 1963 - 1968  曲によってはMono盤とStereo盤の両方のテイクがあるのだが、少なくとも公式に発表された曲はMonoかStereoのいずれかで完全収…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

John Barry(ジョン・バリー) Bees Knees Emi Years 1957-1964

 11年1月30日英国の大作曲家John Barryが77才で亡くなった。  CDでのJohn Barryとの出会いは87年の映画音楽のコンピレーションだった。  Original Soundtrack / Best 23 - MCA Ⅰ-  オリジナル・サウンドトラック・ベスト23(インストゥルメンタル編)  23曲7…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Grant Green (グラント・グリーン) Green Street SACD

 Herbie HancockのMaiden Voyage(処女航海)がSACD化されたのだが、我が家では嫁さんからトランペット禁止令が出ているので、逆鱗に触れた場合に備えてもう1枚買ったのがこのGrant GreenのGreen Streetだった。  ジャズ・ギタリストのSACDはWes MontgomeryのIncr…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Kinks(ザ・キンクス) Kinks 1st LP デラックス盤(2CD) その3

 前回に引き続いてThe Kinksの1st LP Kinksのデラックス盤についての3回目。  今回のデラックス盤に期待されるのは、  ①初めて耳にするStereo盤の内容、  ②Mono盤の再リマスターによる音質アップ、  ③ボーナス曲の充実度の3点であり、前回は②についてレビューした。  それでは今回は③につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Kinks(ザ・キンクス) Kinks 1st LP デラックス盤(2CD) その2

 前回に引き続いてThe Kinksの1st LP Kinksのデラックス盤についての2回目。  今回のデラックス盤に期待されるのは、  ①初めて耳にするStereo盤の内容、  ②Mono盤の再リマスターによる音質アップ、  ③ボーナス曲の充実度の3点であり、前回は①についてレビューした。  それでは今回は②から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Kinks(ザ・キンクス) Kinks 1st LP デラックス盤(2CD)

 11年になってThe Kinksのオリジナル・アルバムのデラックス盤化が始まった。  98年に1度リマスターされており、その素晴らしい音質とボーナス曲が多数収録されたことで、現在でもカタログに残っている。  ↑現在入手可能なのは09年発売の廉価日本盤。  本編14曲はMono盤を採用。  12曲のLP未収録…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Hollies (ホリーズ) The Clarke, Hicks & Nash Years 6CD

 英国でThe Holliesの6枚組ボックスが発売された。  廉価盤専門のEMI Goldからではなく、本家EMIからである。  タイトルはThe Clarke, Hicks & Nash Years (The Complete Hollies April 1963 -October 1968)。  要するに期間限定では…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

British Beat Before The Beatles 1955-1962  EMI 3CD

 10年英国EMIからBritish Beat Before The Beatles 1955-1962という3枚組CDが発売された。  ?????  前に聞いたことがあるようなタイトルだと思ったが…、思い出した。  93年に英国EMIが同じ企画でレコード・レーベルを横断して1955から1962に亘る7枚組のシリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Billy Joel (ビリー・ジョエル) Turnstiles SACD

 前回の2ndアルバムPiano Manに続いて、Billy Joelの3rdアルバムTurnstilesのハイブリッドSACDについて。  このアルバムも99年に国内発売されたCDエクストラ仕様のリマスターCDで初めて聴いた。  ↑99年国内盤の再発盤。  このアルバム収録の代表曲New York Sta…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more