Gerry Rafferty (ジェリー・ラファティ) City To City 2CD その1

HMVジャパン

 11年9月Gerry Raffertyの2ndアルバムCity To Cityが2枚組のCollector's Editionで発売された。
 78年1月20日発売で78年7月8日全米1位を獲得した大ヒットアルバム。
 また、シングルBaker Street(78年6月24日全米2位)、Right Down the Line(78年10月21日全米12位)、Home and Dry(79年2月3日全米28位)の3曲も収録している。

 今回、レビューしようとして初めて知ったのだが、Gerryは11年1月4日63才で亡くなっていた。
 だから、本盤についてレビューする前に追悼の意味も含めて彼のキャリアを振り返ってみたい。

 まず、驚いたのは彼がスコットランド人であったこと。
 大ヒット曲Baker Streetはシャーロック・ホームズゆかりの地であり、いかにもロンドンを連想させるのだが、サウンドは英国らしからぬ都会的なAORであり、てっきり米国人だと思い込んでいたのだ。
 元々はフォーク・ソングを歌っており、69年にプロとして初めて参加したThe Humblebumsもフォーク系であった。
 そもそも、契約していたTransatlantic Records自体が米国のフォーク、ブルース、ジャズを英国に紹介するために61年に設立されており、数年して同じ分野の英国人も扱い始めた経緯がある。

 The Humblebums 2nd LP The New Humblebums
 Transatlantic Records TRA 201 69年9月発売

ザ・ニュー・ハンブルバムズ(紙ジャケット仕様)
ストレンジ・デイズ・レコード
2006-06-21
ハンブルバムズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ザ・ニュー・ハンブルバムズ(紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 シングルSaturday Roundabout Sunday(69年)↓


 The Humblebums 3rd LP Open up the Door
 Transatlantic Records TRA 218 70年6月発売

オープン・アップ・ザ・ドア(紙ジャケット仕様)
ストレンジ・デイズ・レコード
2006-06-21
ハンブルバムズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オープン・アップ・ザ・ドア(紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 シングルShoeshine Boy(70年)↓




 ヒットらしいヒットもないまま72年にThe Humblebumsは解散したのたが、スグに1stソロ・アルバムをTransatlantic Recordsから発売した。

 Gerry Rafferty 1st LP Can I Have My Money Back
 Transatlantic Records TRA 241 72年発売 

キャン・アイ・ハヴ・マイ・マネー・バック?(紙ジャケット仕様)
ストレンジ・デイズ・レコード
2006-06-21
ジェリー・ラファティ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キャン・アイ・ハヴ・マイ・マネー・バック?(紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 シングルCan I Have My Money Back?(72年)↓




 このソロ・アルバムは全くの不発だったので、72年幼なじみのJoe Eganとフォーク及びフォーク・ロック・バンドStealers Wheelを結成した。 

 Stealers Wheel 1st LP Stealers Wheel 
 A&M Records AMLS 68121 72年12月発売↓

Stealers Wheel
Lemon Records UK
2004-03-09
Stealers Wheel

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Stealers Wheel の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 シングルStuck In The Middle With You(72年12月)
 全英8位 73年5月12日全米6位 ↓



 今までがウソのようにヒットをとばし、英国どころか米国でもTop10にランク・インしてしまい、2ndアルバムからも2曲のスマッシュ・ヒットが誕生した。

 Stealers Wheel 2nd LP Ferguslie Park 
 A&M Records AMLH 68209 73年11月発売↓

HMVジャパン

 シングルEveryone's Agreed That Everthing Will Turn Out Fine(73年8月)
 全英33位 73年8月18日全米49位 ↓



 シングルStar(73年11月)
 全英25位 74年3月23日全米29位 ↓




 しかしながら、3rdアルバムの頃には人気が薄れ、2枚のシングルが全くの不発に終わってしまった。

 Stealers Wheel 3rd LP Right or Wrong 
 A&M Records AMLH 68293 75年2月発売↓

HMVジャパン

 ラスト・シングルFound My Way to You(75年5月)↓




 結局、75年にStealers Wheelは解散してしまうのだが、待ち構えていたのは訴訟問題であった。
 理由ははっきりしないのだが、著作権の分け前でもめたとか、今後どちら側にStealers Wheelのバンド名使用の権利があるか等で争ったのでないかと思う。
 この訴訟のゴタゴタが長引いたため、Gerryは3年間も音楽活動を制限されてしまった。
 そして78年になって、やっとで音楽活動を再開し、2ndソロ・アルバムである本作を発売した。↓

City to City
EMI Import
2011-09-13
Gerry Rafferty

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by City to City の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 ↑サウンドはガラリと変貌しており、都会的なAORになっていた。

 次回に続く…。

"Gerry Rafferty (ジェリー・ラファティ) City To City 2CD その1" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント