Fleetwood Mac (フリートウッド・マック) Rumours(噂) Hybrid SACD

HMVジャパン

 これでワーナー・ミュージック系のSACDはEaglesのHotel CaliforniaLind RonstadtのWhat's Newに続いて3枚目となる。
 もはや音質については云々コメントする必要がないほど秀逸だ。

 本作については04年にリマスターされたうえにボーナス・ディスク付きの2枚組デラックス盤が発売されており、十分音質は良かった

噂(リマスター&ボーナス・ディスク・エディション)
ワーナーミュージック・ジャパン
2010-05-26
フリートウッド・マック

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 噂(リマスター&ボーナス・ディスク・エディション) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 ↑10年に再発された国内盤CD。

 しかし、今回のSACDもすごい。
 フォーマットが違うのだから、当然であり、質感は向上しているし、
 音も分厚くなっており、重心も下がり、低音の音量も十分である。
 特に高音のヌケが素晴らしく、リマスターCDを「キンキン」とすれば、
 SACDは「キラキラ」である。
 ただし、リマスターCDも高水準だったので劇的な変化とまでは言えない。
 どれぐらい差がでるかは、手持ちのオーディオの能力に左右されることになるだろう。(もちろん2チャンネルでの試聴が前提である。)

 そうなってくると、気になるのはマルチ・チャンネルである。
 従来、マルチ・チャンネルにはほとんど興味がなかったのだが、
 リマスターCDとSACDの音質差が微妙だと、焦点を当てざるを得ない。

 本作も01年にDVD-Audioが発売されており、マルチ・チャンネル仕様だった。

Rumours
Warner Bros / Wea
2001-06-04
Fleetwood Mac

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Rumours の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 ↑既に廃盤で高値で取引されている。

 SACDは11年DSDマスター使用とあるが、これってどうなの?
 確かにDSDマスターは11年に作られたのだろうけど、元の音源は何?
 もしかしてDVD-Audioと同じだったりして…。
 そうなると、この10年間のリマスター技術の進歩は反映されているのか?
 それと、サラウンド・ミックスは今回変えられているの?
 まあ、ミックスは好き嫌いの話だけど、リマスターは音質では根本の問題だ。
 残念だが、我が家はサラウンド環境にないし、DVD-Audioは持ってない。
 検証できないのが心残りだが、ここでサラウンドへの未練は断ち切る!
 やはり、目指すは2チャンネルでのピュア・オーディオ。
 ユニバーサルのシングル・レイヤーを見習って音質至上主義でお願いしたい。
 ただし、意味不明の紙ジャケットと価格設定は見習わず、2,500円から2,800円ぐらいにならないものでしょうか。

噂 (SACD/CDハイブリッド盤)
ワーナーミュージック・ジャパン
2011-09-14
フリートウッド・マック

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 噂 (SACD/CDハイブリッド盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"Fleetwood Mac (フリートウッド・マック) Rumours(噂) Hybrid SACD" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント