Eagles(イーグルス) Hotel California SACD Hybrid 

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

 EaglesのHotel CaliforniaがSACDで復刻された。
 Eaglesは03年に旧譜がリマスター復刻されたので、大人買いしてオリジナル・アルバムは全て揃えたのだが、このアルバムだけは既に88年国内盤を持っていたので買わなかった。

ホテル・カリフォルニア
ワーナーミュージック・ジャパン
2005-12-21
イーグルス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ホテル・カリフォルニア の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 ↑現在カタログに残っている03年リマスター盤の廉価再発盤。

 買い直さなかったのは、ボーナス曲の追加がなかったし、特に音質に不満がなかったからだ。
 元々、85年頃、このアルバムの1stプレスCDは優秀録音と紹介されていた。
 もちろん現在の基準では音が緩い印象は受けるが…。

 もしも、SACDが発売されるなら買おうと思ったのだが、既にタイム・ワーナー・グループはDVD-Audio陣営だと聞いてガッカリした。↓

Hotel California
Elektra / Wea
2002-09-03
Eagles

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Hotel California の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 ↑5.1chサラウンドで、写真等の画像も収録されていたとのことだが、現在は廃盤で高値で取引されている。

 とは言え、とっくの昔に両陣営の争いはSACD側に軍配が上がっており、いつSACD化されるのかと待ちわびていたところ、何とSACD自体が風前の灯となってしまった。
 High Resolution Audioのネット配信がマニアの間で脚光を浴び始めたのだ。

 しかし、11年になって少し状況が変わってきた。
 ことピュア・オーディオの世界ではハイ・レゾ音源を聴くためには、
 それなりの設備投資が必要になること、
 ダウンロードにバカにならない時間を要すこと、
 保存にも相当の容量が必要となることが分ってきた。
 YouTubeのように簡単にダウンロードできる訳ではなかったのだ。
 だから、媒体としてのSACDに復権の兆しが見え始めたのだ。

 価格設定には大いに不満はあるが、ユニバーサルが孤軍奮闘でSACDで踏ん張ったのも後押しになったかも知れない。
 ひょっとすると日本のみのローカル・ブームかも知れないが、フィジカルにこだわりのある(と言うよりは、ネット配信について行けない)、団塊の世代を上手に土俵に引きずり込んだ。
 その結果、旧DVD-Audio陣営のEMIやWarnerがSACDに参入し始めたのだ。

ホテル・カリフォルニア(SACD/CDハイブリッド盤)
ワーナーミュージック・ジャパン
2011-08-17
イーグルス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ホテル・カリフォルニア(SACD/CDハイブリッド盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 ユニバーサルがシングル・レイヤーで2チャンネルに特化したのに対し、ワーナーはハイブリッドで2チャンネルとマルチ・チャンネル併用だ。
 前者はより音質重視とのことであるが、要するに余計なものをそぎ落としてシンプルにしただけのことだ。
 後者の方は、ハイブリッドの2層構造としたことで、光線の透過に負荷がかかり音質が落ちるとのことだ。
 音質的には前者が勝ることは理解できるが、こういうのを付加価値とは呼べない。
 だって、加えたのではなく、音質以外の魅力を引いたのだから…。
 別の言い方をすれば、コスト・カットしているのに何で4,500円?
 前者が3,200円で後者が4,500円の方がよっぽど整合性がある。
 あっ、そうそう、ユニバーサルの紙ジャケットは全く意味がないので、プラ・ケースで十分です。
 その分、安くして、とにかく3,000円以下になるよう努力すべきだ。
 ワーナーにはシングル・レイヤーで2チャンネルに特化すれば2,500円ぐらいになるのなら、音質も良くなるのでぜひ挑戦して欲しい。
 個人的には紙ジャケットとハイブリッドには全く価値を感じず、マルチ・チャンネルには少し興味がある程度なので、両者にはシンプルかつ音質重視で2,500円から3,000円の価格設定を期待したい。(わがままか?)

 最後に本SACDの音質であるが、素晴らしいの一言。
 もちろん、2チャンネルのみでの試聴である。
 解説・歌詞・対訳付きでこの音質なら、3,200円でも許せてしまう。
 88年盤と聴き比べするまでもない。
 「百聞は一見に如かず」ではなく「百文は一聴に如かず」である。
 18年待った甲斐があった。
 ぜひ自分の耳で確かめてみて!

"Eagles(イーグルス) Hotel California SACD Hybrid " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント