スピーカー・ケーブル BELDEN ベルデン 8470 16GA その2

画像
















 前回に引き続きスピーカー・ケーブル BELDEN ベルデン 8470 の2回目。
 まず、私のオーディオ歴について簡単に説明すると、
 昔、バイト代をつぎ込んで学生には不相応な高級なコンポを買い揃えていたが、結局はリスニング・ルームの条件(広さ・床の強度・間取り等)により、コンポの性能だけでは超えることの出来ない限界があることを悟った。
 既に一定水準のリスニング環境が確保できていたこともあり、新たな投資をスロウ・ダウンするよう自分に言い聞かせた。
 「アンプやスピーカーが好きな訳じゃなくて、本当に好きなのは音楽なんだろ?(どこか間違ってないか?)」

 その後は、ジャンルにこだわらずにCDを買い続けている。(経緯はこちら

 その後、就職・転勤・結婚によりアパート暮らしとなったため、父親がゴミ捨て場から拾ってきた中古のミニ・コンポで8年間も聴いていた。

 リスニング環境が悪かったせいか、いつのまにか、聴くことよりも集めることがメインとなってしまい、7,000枚のち未開封や1回か2回しか聴いていないのが約5,000枚という状況となってしまった。まさにCollectors Go Crazy!であり、再び自分に言い聞かせた。
 「CDが好きな訳じゃなくて、音楽が好きなんだろ?(どこか間違ってないか?)」(でも、アパート住まいの転勤族なんだから仕方ないよね…)

 06年4月にマンションを手に入れたこともあり、オーディオの世界へカムバックを決意したが、物入りが続いたためラインナップはこうなった。オーディオから長い間離れていたから、トレンドつかみきれていないし、相性が悪かったら悲惨だ…
 アンプ     :Accuphase E308
 スピーカー  :B&W 804S
 CDプレーヤー:Marantz SA15S1

 ミニ・コンポとの比較だから当然イイ音に聴こえたのだが、それも始めのうちだけで、聴けば聴くほど不満噴出となった。
 やはり、リスニング・ルームの環境に問題ありで、
 床はフロアリングで、床暖のためカーペットを敷けないし、南側5メートルの床から天井までガラス張りのためフラッター・エコーの巣窟である。
 また、リビング・ダイニング12畳+キッチン3.3畳+和室6畳の変則的な間取りのため、スピーカーの間隔は壁面からの距離を考えると2.2メートルしか取れない。
 だから正三角形の頂点はリビングのほぼ中央で、二等辺三角形の頂点ではスピーカーまで5メートル取れるが、間にソファー、ダイニング・テーブルがある。窓側には厚手のカーテンを使っているが、フラッター・エコーにより音場は崩壊する。
 大音量で浴びるように聴くのを理想とする私にとってはかなりの逆境である。(もう、売らない限り逃れられない。)

 それに、アンプのボリュームは目盛が10まであるのに、0.7から1.2でフル・ボリューム状態。1ミリ動かしただけで音の印象が変わってしまう。
 とにかく高音がキツイ。聴覚上の印象ではウーファーよりもツイーターの方が大きく感じられる。(音のイメージでは直径25センチのツイーター!)
 また、ウーファーが2つあり、低音の迫力はそれなりにあるが、あまり音量が感じられない。

画像
 











 SACD再生だとかなり改善されることから、CDプレーヤーをもっと高級にすれば良くなるのかな…。

 最近、巷で話題の波動スピーカーに興味を感じたのだが、B&Wを見切るのも気が引ける…

波動スピーカーMS1001-M(メープル)
エムズシステム

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



 そうこうしていたら、スピーカー・ケーブル8470に行き当たった訳だ。
 この8470は3~4メートルで実力を発揮するそうで、今回バイ・ワイアリングにも挑戦したかったので、3.5メートルを4組注文した。(メンテのために切る必要がないのだから、8460でもよかったかな…)

 とりあえず、シングル・ワイアリングでつないでみた。
 確かに印象はガラッと変わった。
 変更前のイメージは、スピーカーのツイーターとスコーカーがはっきりと存在感を誇示し、音が直接耳に届く感じで、十分な低音の音量を確保しようとボリュームを上げると高音がキツイ。(スピーカーから近いしね…)

 変更後はツイーターとスコーカーからではなく、エンクロージャー全体から音が発散されている感じになった。
 アコースティック・ギターやヴァイオリンやチェロがボディーを共鳴させて音を発しているような感じ。
 ツイーターとスコーカーは消え、ウーファーが出現して驚くほど低音の音量が出ている。
 音の輪郭は緩んだ感じがするが、厚みのあるふくよかな音。
 音像よりも音場で聴かせる感じで、登場する楽器は跳び出す絵本のようにボンボン出現しては消え、非常にダイナミック。
 不思議なことにヴォーカルのみは跳び出す感じは無く、やや後方にピタッと定位している。
 音に立体感が出たせいか、今まで他の音にマスキングされて聴こえなかった音が、確かに聴こえる。
 ただし、聴覚上スピーカーの存在自体は消えず、まるでドラム缶がデ~ンと置かれているようで、そのボディーから四方に音が拡散しているようだ。

 何を試聴したかと言うと、The BeatlesのRubber SoulのMONO盤。
 ダイナミックでスルリングで、突き刺さる様な音からフワッと包み込む様な音に変わって気持ちイイ!

 しかしである。何回か聴くうちにイメージが変わってきた。(悪い方に…)
 フワッと包み込むは、ボワンに。
 跳び出す絵本は、3D版アバターに。(インパクトはあるが、何か不自然)
 何か不自然…
 ステージ上やスタジオの奏者にスポット・ライトが当たる感じではなく、大型スクリーンに楽器のみがどアップで映し出されているようで、自分の頭の中で音場や音像をどう組み立てれば良いか混乱して気持ちワルイ!!
 人間の感覚って、面白いと言うか、不思議と言うか、恐ろしい。

 結論としては、
 スピーカー・ケーブルを5センチ切ることにした。

 続きは次回で…
 (他のジャンルも試してみよう!)

"スピーカー・ケーブル BELDEN ベルデン 8470 16GA その2" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント