Foreigner (フォリナー) 4 SACD Hybrid + bonus

HMVジャパン

 これでワーナー・ミュージック系のSACDはEaglesのHotel CaliforniaLind RonstadtのWhat's NewとFleetwood MacのRumoursに続いて4枚目となる。

 本作は95年に一度リマスターされており、私はその輸入盤を持っている。
 続いて02年にはボーナス曲を追加して再度リマスターされている。
 対象は1stから4thまでであったが、本作については既に持っていたので、
 1stから3rdを輸入盤で揃えた。

4
Atlantic / Wea
2002-04-01
Foreigner

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 4 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 ↑95年盤と02年盤とでは、ボーナス付きで、普通なら音質が良いはずの02年盤をオススメする。(持ってないのでので、断言できないが…)

 実は前年の01年にはDVD-Audioが発売されており、ボーナス2曲が同じところから、02年のリマスターCDに音源が流用されたとものと思われる。

4
Atlantic / Wea
2001-11-02
Foreigner

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 4 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 ↑マルチ・チャンネルが売りだが、既に廃盤で高値で取引されている。

 今回のSACDは11年DSDマスター使用とあり、同時に発売された他のアーティストも同じなのだが、本作だけちょっと違う。
 なんとボーナス2曲も収録されているのだ。

 ???

 元々DVD-Audioに収録されていたのだから普通では?
 他のDVD-Audioは収録されてなかったのだから、無くて当然では?
 要するに今回SACD化されたシリーズはDVD-Audioの焼き直しということだ。
 いくら11年DSDマスターを新たに作ったとしても、音源は同じ可能性が高い。
 たぶん、この10年間のリマスター技術の進歩が、反映されているとは思うのだが。

 でも、実際に聴いてみて、そんな不安は関係なかった。
 素晴らしい音質!
 「騒々しい」と「迫力がある」の違いを実感させられる。
 このレベルなら何の問題もない。
 音の厚みが増し、ブワ~ンと音の波が押し寄せてくる。
 ヴォーカルと演奏の分離も良くてキレがある。
 ドラムスのドコドコが腹に伝わってくる。
 シンセサイザーのフワッとした浮遊感。
 気持ちいいねー。

 マルチ・チャンネルもスゴイらしいけど、2チャンネルのピュア・オーディオを追求する者としてはこれで十分だ。
 それにしても、この10年間DVD-Audioでこれに近い音質で聴いていた人がいると思うと、今更ながらうらやましく思う。
 シングル・レイヤーではなかったけど、とにかくSACD化してもらえてありがたかった。

4 (SACD/CDハイブリッド盤)
ワーナーミュージック・ジャパン
2011-09-14
フォリナー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 4 (SACD/CDハイブリッド盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック