Paul McCartney (ポール・マッカートニー) McCartney Ⅱ デラックス盤

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

 前回のMcCartney デラックス盤に続きMcCartney Ⅱのデラックス盤について。
 今回も国内盤(3Shm-CD+1DVD)は高過ぎるので輸入盤(3CD+1DVD)を購入した。

 このアルバムが録音されたのは79年7月から8月。
 その中から79年11月16日ソロ名義でクリスマス・シングルWonderful Christmastimeを発売。
 
Paul McCartney - Wonderful Christmastime / Rudolf the Red Nosed Reggae



 79年12月17日スコットランドのグラスゴーのライブで後に全米1位となったWings名義のComing Upを録音。



 79年12月29日カンボジア難民救済コンサート(Concerts for the People of Kampuchea)に出演し、Rockestraでノリノリのところを見せた。



 そのわずか18日後の80年1月16日大麻不法所持で日本で逮捕。
 日本公演が中止となり、そのままWingsとしても活動休止となってしまった。

 80年4月11日シングルComing Up発売。
 80年5月16日アルバムMcCartney Ⅱ発売。
 
HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

 もしも、大麻事件がなかったらこのアルバム自体、このタイミングで発売されたかは微妙だとは思ったが、結果として早まったんじゃないだろうか。
 事件後に隠遁生活を送ったかどうかは分からないけど、ツアーは全部キャンセルされたことだし、時間は出来たのではなかろうか。
 本気で2枚組にするつもりがあったかは分からないが、録り貯めた曲の中から2枚組のテスト・プレスが作られた。
 私は00年Voxx Recordsから発売されたコレクターズCDを持っている。

 The Lost McCartney Album The Unreleased McCartney Ⅱ

Paul McCartney - The Lost McCartney Album

 レコード盤起こしなので音質は今ひとつのうえ、プチッ、パチッとノイズが多い。
 その上その後発売された正規盤と比較してピッチが早い。
 ただし、20曲のヴォリュームはマニアにはたまりませんでした。
 今回のデラックス盤にはかなりの曲がマスター・テープから高音質で収録されているので幸福極まりない。
 デラックス盤に収録されなかった曲についても正規盤に収録された曲のピッチを早めた程度の違いと思われるので、正規盤がしっかりリマスターされているので個人的には全く問題ない。
 非正規のピッチの早い曲をどうしても高音質で聴きたかった人にはご愁傷さまだが、それって意味があるのか?  音源はオリジナルと言うのもはばかられる質の悪いブートレッグなのに…。
 赤字がデラックス盤に収録された曲だ。

 Disc1
 1."Front Parlour" - 5:06 (extended alternate mix)
 ※デラックス盤にはフル・レングス・ヴァージョンの5:15を収録。
 ※このフル・レングスのピッチを少し早めたのがブートレッグに収録。

 2."Frozen Jap" - 5:30 (extended alternate mix)
 ※デラックス盤にはフル・レングス・ヴァージョンの5:43を収録。
 ※このフル・レングスのピッチを少し早めたのがブートレッグに収録。

 3."All You Horse Riders" - 3:45
 ※デラックス盤にBlue Swayとリンクされて10:10を収録。

 4."Blue Sway" - 6:04
 ※デラックス盤にはオーケストラ付きの4:33を収録。
 ※また、デラックス盤にAll You Horse Ridersとリンクされて10:10を収録。


 5."Temporary Secretary" - 3:05
 ※正規盤の3:13に対し少しピッチが早い、因みに12インチ盤も3:05。

 Temporary Secretary / Secret Friend
 80年9月15日英国でのみ発売

Paul McCartney - Temporary Secretary

 6."On The Way" - 3:27
 ※正規盤の3:38に対し少しピッチが早い。 

 7."Mr. H. Atom" - 2:10 (Features Linda McCartney on lead vocals)
 ※デラックス盤にYou Know I'll Get You Babyとリンクされて5:55を収録。

 8."Summer's Day Song" - 3:16 (instrumental version)
 ※デラックス盤収録は3:25。

 9."You Know I'll Get You Baby" - 3:45
 ※デラックス盤にMr. H. Atomとリンクされて5:55を収録。

 10."Bogey Wobble" - 3:14 (unused companion piece to "Bogey Music")
 ※デラックス盤収録は2:59。

 Disc2
 1."Darkroom" - 3:38 (extended alternate mix)
 ※デラックス盤にはフル・レングス・ヴァージョンの3:45を収録。
 ※このフル・レングスのピッチを少し早めたのがブートレッグに収録。

 2."One of These Days" - 3:26
 ※正規盤の3:34に対し少しピッチが早い。

 3."Secret Friend" - 10:05
 ※デラックス盤には12シングルTemporary SecretaryB面の10:30を収録。

 4."Bogey Music" - 3:17
 ※正規盤の3:26に対し少しピッチが早い。

 5."Check My Machine" - 8:39 (longer alternate mix )
 ※デラックス盤にはシングルWaterfallsB面の5:50を収録。
 ※また、デラックス盤にはフル・レングス・ヴァージョンの8:58を収録。

 ※このフル・レングスのピッチを少し早めたのがブートレッグに収録。

 6."Waterfalls" - 4:29
 ※デラックス盤にはWingspanに初収録されたD.J.エディット3:20を収録。

 Waterfalls / Check My Machine
 80年7月22日発売

Paul McCartney - Waterfalls / Check My Machine


 7."Nobody Knows" - 2:44
 ※正規盤の2:52に対し少しピッチが早い。

 8."Coming Up" - 5:26 (extended alternate mix)
 ※デラックス盤にはシングルB面ながらWings名義で全米1位となったライブ・ヴァージョンの4:09とフル・レングス・ヴァージョンの5:38を収録。
 ※このフル・レングスのピッチを少し早めたのがブートレッグに収録。

 Coming Up / Coming Up (Live at Glasgow) / Lunch Box/Odd Sox
 80年4月11日発売

Paul McCartney - Coming Up / Coming Up (Live at Glasgow) / Lunch Box/Odd Sox

 尚、Wonderful Christmastimeのエディット・ヴァ-ジョンの3:47とフル・レングス・ヴァージョンの4:15もボーナスとして収録されている。

Mccartney II
Hear Music
2011-06-09
Paul Mccartney

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Mccartney II の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 
 前回80年の日本公演は友人に誘われたけど断ったことは書いた。
 代わりにこのアルバムが発売されたのだが、私はすぐには買わなかった。
 Frozen Japという曲が結構ショックだった。
 直訳すれば冷たい日本人。
 「日本人が(全員)冷たい」ではなく「(一部の)冷たい日本人」のことだなどと色々こじつけたが、Japaneseじゃなくて日本人の蔑称のJapである。
 短縮形のJpnではないかと思ったが、違った。
 でも、蔑称でJapと使うのは主に米国人か?
 日本人がアメ公と呼んだみたいに…。
 Paulは英国人だからな、本心はどうだったんだろう?
 そんなこともあり、私は急速にJohn Lennonに傾倒していった。
 80年12月7日には殺されちゃったから、ますます傾倒は加速した。
 Paulが私の中で復権するのは82年3月のEbony & Ivoryまで待たねばならなかった。

 余談だが、薬物依存症(中毒)は1度その状態に陥ると完治するのは極めて困難だそうだ。
 自分だけの精神力で治そうとしても無理だそうだ。
 病気であり、自分では治せないから依存症と呼ばれるのだそうだ。
 しっかりした施設で適切なプログラムを受けないと治らないらしい。
 ただし、完治は難しく、例えば10年間薬物から遠ざかっていても、結構簡単なきっかけで再発してしまうらしい。
 そのきっかけは環境によるところが大きく、要するに入手できる環境では完治は困難。
 刑務所の中で3年間健全に過ごしても、出所後簡単に薬物に手を出す人も少なくないらしい。
 因みに日本では覚せい剤の場合、初犯なら実刑1年6ヶ月(ただし、執行猶予3年)が一般的らしい。(重犯なら実刑、執行猶予なしだそうだ。)

 あっ!脱線した。
 続きは次回で…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック