John Barry(ジョン・バリー) Bees Knees Emi Years 1957-1964

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

 11年1月30日英国の大作曲家John Barryが77才で亡くなった。
 CDでのJohn Barryとの出会いは87年の映画音楽のコンピレーションだった。
 Original Soundtrack / Best 23 - MCA Ⅰ-
 オリジナル・サウンドトラック・ベスト23(インストゥルメンタル編)
 23曲71分収録されていた中で、最初の1曲目がJohn Barryだった。

 Main Title (I Had A Farm In Africa) From "Out Of Africa" / O.S.T
 メイン・タイトル(私はアフリカに農園を持っていた)~映画「愛と哀しみの果て」より★
 


 ★はアカデミー主題歌賞受賞とあり、映画の公開が85年だったからMCA音源としては外すことができないタイムリーな曲だったので1曲目か!
 発売当時は映画のタイトルをかろうじて知っているぐらいだったので、なぜ馴染みのないこの曲が1曲目なのか疑問だったが、今頃になってやっと気付いた。
 告白すると、この映画、未だに見たことがない。
 今年の2月9日NHK BS-hiで放送されたのを録画したのだが、オープニングを見ただけで満足してしまい、まだ続きは見ていない。(これって追悼放送だったのだろうか?)

 92年には映画007の30周年記念盤が2枚組で発売された。↓
 
HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

 私が買ったのは国内盤だが、現在は廃盤。
 Disc1には30周年時点で最新作であった16作目までの主題歌が順番に収録されている。
 Disc2にはレア曲を中心にラジオのスポットを含め15曲が収録されている。
 James Bond ThemeはDisc1と2の1曲目だった。
 Disc1がMonty Norman Orchestraによるサウンドトラック盤(Mono)、
 Disc2がThe John Barry Seven & Orchestraによるシングル盤(Stereo)。



 何しろ007の第1作目のオープニング曲なのだから1曲目に収録されるのは当然と言えば当然だ。
 映画好きに限らず、誰でも知っていそうな超有名曲にJohn Barryが関わっていることを知って、この時初めて彼の存在を意識した。

Dr. No
Capitol
2003-01-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Dr. No の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 ↑03年には007のオリジナル・サウンドトラック15枚が大量にリマスター復刻された。
 何と15枚のうちDr. Noを含め13枚が未開封のままだった。
 今回思い切って開封して、ライナー・ノーツから色々分かった。

・このDr. NoのリマスターCDは電気的に変換された擬似Stereoだった。
 これで上記2枚組ベストDisc1のJames Bond ThemeにわざわざMono盤が収録された理由が理解できた。
 擬似Stereo盤は独特の拡がりがあるが、ぼんやりしてモヤモヤしていている。
・録音は62年6月ロンドン、CTS Studio
・英国ではLiberty Recordsから、米国ではUnited Artist Recordsから発売された。
・音楽はMonty Normanが担当しており、James Bond ThemeもNormanの作曲。
・ただし、原曲は2年前のミュージカルA House For Mr. Biswasのために作曲したBad Sign, Good Signが元になっている。(原曲はインド楽器シタールで演奏されたそうだ。)
・この曲の編曲と演奏にJohn Barryが起用されたそうだ。
・印象的なギター・リフはThe John Barry SevenのメンバーVic Flick。
・Clifford Essex Paragon DeLuxe社のアコースティック・ギターでDeArmond社のピック・アップとFender Vibrolux社のアンプを使用した。
・The John Barry Seven & Orchestraのシングル(Columbia DB 4898)は62年10月に発売され最高13位となった。
・James Bond ThemeのシングルはもちろんMono盤だったし、サウンドトラック盤が擬似Stereoだったので、上記2枚組ベストDisc2にリアルStereo盤が収録されたのには意味があった。

 もしも、12年に迎える40周年でサウンドトラックが再リマスターされるのならば、オリジナルMonoとリミックスによるリアルStereoの2イン1の実現をお願いします。

 話を復刻に戻すと、米国でリマスターによるCD復刻が本格化し始めるのは89年頃からで、英国では少し遅れて90年代に入ってからであった。
 ちょうどThe BeatlesのCD復刻を完了したEMIも、他の60年代アーティストに目を向け始め、デジタル・リマスターによるThe EMI Yearsなるベスト盤を発売し始めた。
 Gerry & The Pacemakers、Manfred Mann、Billy J. Kramer With The Dakotas、Freddie & The Dreamers、Swinging Blue Jeans、Cilla Black、Peter & Gordon、Herman's Hermits、Helen Shapiro、The Fourmost、The Honeycombs、The Nashville Teens、Cliff Bennett & The Rebel Rousersに混じってJohn Barryの名前もあった。
 たぶん、007の30周年2枚組ベストを買っていなければ、John Barryの名前は見落としていたと思う。   

 The EMI Years Vol. 1 1957-1960(93年発売)↓

John Barry - The EMI Years  Vol. 1  1957-1960

赤字はシングル。

1 Let's Have a Wonderful Time
2 Rock-a-Billy-Boogie
 この2曲はBBCで57年2月から58年12月に放送されたテレビ番組Six - Five Specialのサウンドトラック盤(57年12月6日発売)に収録された。↓

画像












3 Zip Zip

4 Three Little Fishes (U.S Version、57年11月14日リメイク)
 元々はシングル3のB面

5 Every Which Way
6 You've Gotta Way




7 Big Guitar

8 Rodeo
9 Pancho
10 Hideaway
11 Farrago

 上記4曲は58年発売のEP The Big Beatにも収録された。↓

画像












12 Bees Knees

13 When the Saints Go Marching In
14 Pancho
 上記2曲はITVで58年9月から59年5月に放送されたテレビ番組Oh Boy !のサウンドトラック盤(58年12月5日発売)に収録された。↓

 - Jack Good's 'Oh Boy!'

 英国Jasmine MusicよりSix - Five SpecialとOh Boy !を収録したCDが発売されている。↓

Early British Televised Rock
Jasmine Music
2009-07-14
Various Artists

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Early British Televised Rock の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 ↑この2つのテレビ番組に興味があるならばThe Vernons Girlsのレビューも参考にして!

 15 Long John
16 Snap 'n' Whistle
17 Little John
18 For Pete's Sake


19 Bees Knees
20 Little John
21 Rebel Rouser
22 Mab Mab
23 Good Rockin' Tonight
 上記4曲はBBCで59年4月から8月に放送されたテレビ番組Drumbeatのサウンドトラック盤(59年8月7日発売)に収録された。↓

画像












24 Twelfth Street Rag
25 Christella


26 Beat Girl (Main Title)



27 Hit & Miss
28 Rockin' Already
29 Beat for Beatniks(初Stereo化)
30 Big Fella(初Stereo化)




31 Blueberry Hill
32 Never Let Go
33 Walk Don't Run(初Stereo化)
34 I'm Movin' On(初Stereo化)

27,28,33,34は61年発売のEP The John Barry Soundにも収録された。↓

John Barry - The John Barry Sound

35 Saturday's Child
 この曲はBBCで58年10月から69年1月に放送されたラジオ番組Saturday Clubのサウンドトラック盤(60年12月2日発売)に収録された。 
 英国Jasmine MusicよりDrumbeatとSaturday Clubを収録した2枚組CDが発売されている。↓



36 Black Stockings(初Stereo化)
37 Get Lost Jack Frost(初Stereo化)


※初Stereo化の6曲以外はMono
 リマスターにより音質は秀逸、ブックレットは情報満載、写真も豊富。
 The Beatles以前の英国の音楽に触れてとても新鮮だった。


 The EMI Years Vol. 2 1961(93年発売)↓

John Barry - The EMI Years  Vol. 2  1961

1 The Magnificent Seven (From Film of Same Name)(初Stereo化)
2 Skid Row(初Stereo化)


3 Dark Rider(未発表曲、61年4月19日録音)
4 Iron Horse(未発表曲、61年5月3日録音)

5 The Menace(初Stereo化)
6 A Matter of Who (From Film of Same Name)(初Stereo化)
7 Rocco's Theme (From Film Rocco & His Friends)(初Stereo化)
8 Spinnerree(初Stereo化)


9~23は61年11月3日発売のLP String Beatより

John Barry - Stringbeat

9 It Doesn't Matter Any More
10 Sweet Talk
11 Moody River
12 There's Life in the Old Boy Yet
13 A Handful of Songs
14 Like Waltz
15 Rodeo
16 Donna's Theme
17 Starfire
18 Baubles, Bangles & Beads (From Kismet)
19 Zapata
20 Rum-Dee-Dum-Dee-Dah
21 Spanish Harlem
22 Man From Madrid
23 The Challenge

24 Watch Your Step(未発表曲、61年9月28日録音)

25 Twist It(Mono)
26 Watch Your Step(Mono)




27 Satin Smooth(未発表曲、61年10月3日録音)
28 The Agressor(未発表曲、61年11月22日録音)

※25,26以外はStereo

 ちょうど93年にはレーベルを横断してThe Beatles登場前の英国Beatシーンに光を当てた7枚組コンピレーションBritish Beat Before The Beatlesが発売された。↓

HMVジャパン


 The EMI Years Vol. 3 1962-1964(95年発売)↓

John Barry - The EMI Years  Vol. 3  1962-1964

1 The James Bond Theme (From Film: Doctor No)
2 The Blacksmith Blues
3 Cutty Sark (Dateline TV Theme)
4 Lost Patrol(初Stereo化)
5 Theme From "Roman Spring of Mrs. Stone"(初Stereo化)
6 Tears


7 Blueberry Hill(英国初登場、62年1月11録音)
8 Cherry Pink & Apple Blossom White(英国初登場、62年1月11録音)

9 Smokey Joe(未発表曲、61年7月14日録音)
10 Unchained Melody(未発表曲、62年11月28日録音)
11 The Party's Over (From Film of the Same Name)(未発表曲62年11月9日録音)

12 The Lolly Theme (From Film: The Amorous Prawn)(初Stereo化)
13 March of the Mandarins(初Stereo化)


14 The Human Jungle (Alternate Version)(未発表曲、62年12月3日録音)

15 The Big Safari (From Film: Call Me Bwana)
16 Mouse on the Moon (From Film of the Same Name)


17 Twangin' Cheek(未発表曲、63年2月21日録音)

18 I'll Be With You in Apple Blossom Time(英国初登場、62年1月11日録音)
19 Volare(英国初登場、62年1月11日録音)

20 The Human Jungle(初Stereo化)
21 Onward Christian Spacemen(初Stereo化)
22 Seven Faces
23 Twenty Four Hours Ago
24 Theme From "A Jolly Bad Fellow"
25 Oublie ça
26 Seance on a Wet Afternoon (Theme)


Bonus Track
27 That Fatal Kiss (From Film: A View to a Kill)

※6,15,16,22,23,24,25,26以外はStereo
 1曲目のThe James Bond ThemeはリStereo盤を収録している。

 このシリーズはVol.3で終了となり現在は廃盤だが、96年にScampというレーベルが復刻している。
 いずれにしろ手に入りにくい状況が続いていたのだが、John Barryの訃報を受けて、3枚をセットにした追悼盤が発売された。↓

 Bees Knees (the EMI Years 1957-1964)(3枚組)

Bees Knees (the EMI Years 1957-1964)
EMI Import
2011-04-11
John Barry

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Bees Knees (the EMI Years 1957-1964) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 ↑今回再リマスターされた訳ではなく、過去の音源が流用されている。
 18年前のリマスターではあるが、3枚まとめてこんなに安く手に入れられるなんて…。これから買う人がうらやましいの一言に尽きる。
 興味のある人はぜひ試してみて!

 (おまけ)
 上で紹介した60年英国公開の映画Beat GirlではAdam Faithも出演している。



 11年オリジナル・サウンドトラックが復刻されている。↓

HMVジャパン

 また、11年Adam Faithの1958年から1968年までのParlophone、Top Rank及びHMVの各レーベルに残したLP、EP、シングルの全て収録した6枚組ボックスが発売されたので機会があったら紹介したい。↓

HMVジャパン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • フェラガモ 靴

    Excerpt: John Barry(ジョン・バリー) Bees Knees Emi Years 1957-1964 音楽とデート/ウェブリブログ Weblog: フェラガモ 靴 racked: 2013-07-03 20:37