Billy Joel (ビリー・ジョエル) Turnstiles SACD

HMVジャパン

 前回の2ndアルバムPiano Manに続いて、Billy Joelの3rdアルバムTurnstilesのハイブリッドSACDについて。
 このアルバムも99年に国内発売されたCDエクストラ仕様のリマスターCDで初めて聴いた。

HMVジャパン

 ↑99年国内盤の再発盤。

 このアルバム収録の代表曲New York State Of Mindを初めて聴いたのは、Piano Manと同じく85年発売の2枚組ベストGreatest Hits Volume1 & Volume 2(ビリー・ザ・ベスト)だった。

ビリー・ザ・ベスト
Sony Music Direct
2003-11-06
ビリー・ジョエル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ビリー・ザ・ベスト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 その時の印象は「長い曲だな。」程度だった。
 このベストが発売された頃は、Billyはキャッチーなヒット曲を量産していたからね。

 でも、他のアーティストのカヴァー曲を聴いて印象が変った。
 David Matthews(Piano)がリーダーが務めるManhattan Jazz Quintetの3rdアルバムMy Funny Valentine(86年発表)に収録されていた。↓

マイ・ファニー・バレンタイン
キングレコード
2004-09-23
マンハッタン・ジャズ・クインテット

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マイ・ファニー・バレンタイン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 ↑スウィング・ジャーナル誌の86年ジャズ・ディスク大賞優秀録音賞を受賞。
 因みに2ndアルバムAutumn Leaves(85年発表)は私が初めて買ったジャズCDだった。
 まだ、この頃はCDの実力を最大限に発揮できる最新録音にしか興味がなかった。
 だから、スウィング・ジャーナル誌の85年ジャズ・ディスク大賞最優秀CD賞を受賞した2ndアルバムを購入し、続けてこの3rdアルバムも購入した訳だ。
 このアルバムに収録されていたカヴァーを聴いて「この曲こんなに良い曲だったかな?」と思った。
 確か聴いたのは持っていたCDじゃなくて、母校の通称「南部喫茶」で遅い朝食をとっている時に、FM放送から流れてきたものだ。(ラジオのマジックってすごいと思う。持っているCDが流れてかなり嬉しかった。)
 でも、2枚組ベストがあったのでアルバムを買おうとまでは思わなかった。
 と言うよりも、前よりもManhattan Jazz QuintetのCDをよく聴くようになった。
 おかげでJazzを聴く免疫ができて、音楽の世界が広がった。
 それ以前は5分を超える曲を聴くなんて、長過ぎて結構苦痛だったからね。

 それでは本題へ。

Turnstiles
Mobile Fidelity Koch
2011-05-01
Billy Joel

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Turnstiles の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 ↑SACDなので内容は素晴らしいのだが、日本のAmazonもHMVも値段が高過ぎる。
 結局、米国Amazonに円建て固定相場でPiano Manと2枚注文したのだが、1枚当たり約2,100円だった。
 この値段なら全く問題なしで大満足だった。
 でも、このままSACDを買い続けて良いのか考えるきっかけとなった。
 これから来るであろう新しい波に備えて、お金を貯めた方が良いのではないかと思い、以下の様なことをあれこれ考えてみた。

 今回の復刻は高品質の復刻で定評のある米国Mobile Fidelityからである。
 Mobile Fidelityが比較的最近手がけたSony系SACDにはThe Byrdsの2枚があったが、96年のリマスターCDでSonyがStereo盤を採用したのに対し、Mono盤を採用したことで差別化と言うか棲み分けが図られた。

Mr Tambourine Man (Hybr)
Mobile Fidelity Koch
2006-02-07
Byrds

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Mr Tambourine Man (Hybr) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 ↑06年発売のハイブリッドSACD(Mono盤)。
 Amazonのレビューを参考にして。(クーちゃんってのが私です。)

Notorious Byrd Brothers (Hybr) (Omr)
Mobile Fidelity Koch
2006-05-23
Byrds

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Notorious Byrd Brothers (Hybr) (Omr) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 ↑06年発売のハイブリッドSACD(Mono盤)。

 ところが、11年に入りBilly Joelの2枚に続きSonyの作品が続いている。

 Carole KingのCarnegie Hall Concert - June 18 1971 (96年発表)↓

HMVジャパン

 ↑一部が小出しに発掘されていたが、96年突如アルバムが登場した。

 James TaylorのJT(77年発表)↓

HMVジャパン

 ↑00年リマスター復刻されたが、同時にSACDが発売されたとの噂もある。

 このSACDの丸投げ状態を見ると、もはやソフト・メーカーのSonyにはSACDへの未練はなく、起死回生の一発はハイ・レゾ音源のネット配信による全面展開ぐらいしか考えられない。
 恐らく、そんなに遠くない将来、SACDどころかフィジカルとしてのCDも消えてゆく運命にあり、SP盤のようにレトロとかアンティークの範疇で語られるようになるのでは…。
 良い音で聴けるのなら、アナログ・レコードを見切ったようにCDとかSACDのフィジカルへの未練も捨てるしかないか…。(ただし、未だにLPのジャケットへの未練だけは捨てきれてない。)

 一方、オーディオ・メーカーとしてのSonyにはハイ・エンドのネットワーク・オーディオの提案を期待したい。
 PC主体のイヤホンとか小型スピーカーでの再生環境ではなく、オーディオ主体の大型スピーカーでの再生環境の実現についてだ。
 ソフトとハードの両面で消費者に提案できるのはSony殿をおいて他に無いと思ってますので…。
 できれば、おじさんにも理解しやすい形でお願いします。

 えっ?オーディオも止める方向なの?
 オーディオはPCの一部門か、家電の一部門の位置づけに吸収・後退ですか…。
 そんなの絶対にやめてくれ!
 押し寄せるネットワーク・オーディオの波に疑問や不安を抱えているおじさんのオーディオ・マニアは大勢いると思うので、先手を打って上手に提案すれば商機(勝機)はあると思うのだが…。
 ぜひ、よろしくお願いいたします。(お金を貯めねば…)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

shiki
2011年08月02日 11:10
こんにちわ、はじめまして。
ディランのところを読んでいて、このページにたどりついて、読みとめられなくなってしまいました。

>>ネットワーク・オーディオの波に疑問や不安を抱えているおじさんのオーディオ・マニアは大勢いる

おじさんじゃなくても、マニアじゃなくても、います。
「どうせお前ごとき、パソコンで音楽だろ」とおじさんに決めつけられ、「総額10万プアだが、ちゃんとスピーカーで近所苦情型」と返せば、「あ、それは男の影響だな」とか、なんだ、その狭い決めつけは、というのをされます。

とにかく、そういうのも、生息中。
SACDって、よくわかりませんが。まあ、ネットなんだから調べろってオチですよね。
最近は、スピッツのアルバムカバーに掲載されて、一時プチブームになった、ポータブルのスピーカー1個のプレーヤーでレコードをかけるのが気持ちいいです。マニアの進化耳をお持ちの方には笑われそうですが、「え、いい音(好きな音)、これでいいじゃん」とか、言う。レコードの盤はむちゃくちゃ荒れてしまいますが。長文、すみません。

2011年08月03日 23:17
shikiさん
アナログ・レコードを聴いてるんですね。
今やレコードをかけるのはおっさんかクラブのDJぐらいかと思っていましたが…。
私はプレーヤーが壊れてから20年ほどレコードを聴いていません。
何十回も聴いたレコードもありますが、多くが10回以下だと思います。
極端な話、1回聴いて最大音量をチェックして、2回目でカセット・テープに録音して聴いてました。
レコードは特別な日にだけかけていました。
レコードは聴けば聴くほど針が盤を削って劣化して行くので、精神衛生上良くないし、私にとってはとても贅沢なご褒美でした。(今考えると、本当に小さい人間だった。ダハハ)
でも、レコードは私にとって宝物ですので…。
そう言う意味では1982年10月1日のCDの発売は夢のような出来事でした。

この記事へのトラックバック