Zombies(ゾンビーズ) Begin Here (Decca Mono 1964-67) #11

HMVジャパン


 前回に引き続きThe Zombiesの11回目にして最終回。
 2ndアルバムOdessey & Oracleの2枚組デラックス盤のレビューをはじめた時は、同時に発売された1stアルバムには特に強い思い入れも無かったので買うつもりは無かった。
 しかし、2ndの音質が素晴らしかったので、どうしても1stアルバムも聴きたくなった。
 既にCDで3枚も持っていたが、英国Amazonで異常に安かったので注文した。
 送料込みの9.86ポンドで約1,350円。(同時に7枚注文)
 同時に注文したThe Kinksの1stと2ndのデラックス盤が2セットとも押されて背表紙が折れ曲がっていたことを除けば問題は無かった。

 ?????

 これって大問題か?
 個人輸入の場合、これぐらいは覚悟せねば。
 5枚に1枚の割合でプラスティック・ケースにヒビが入ってるのが普通だ。
 過去に包装が破損して1枚紛失していた時は、さすがに事情を説明して対応してもらったが…。 … broken, half-opened, lost … よく通じたものだ…。
 やはり、クレームを付けるのは商品が足りなかったり、間違っていた場合だけかな…。とにかく面倒くさいものだ。

 それでは本題に入ろう。
 
 2ndアルバムのデラックス盤とは違い、スリップ・ケースには入れられておらず、3面見開きでオリジナル・ジャケットが使用されている。
 包装のビニールには以下のシールが貼られていた。
 2 CD set
 The Complete Decca Mono Recordings 1964-1967.
 Original LP + 22 Singles & EP tracks
 Superbly remastered in glorious Mono sound
 + 24 page booklet with authoritative,
 extensive liner notes & detailed recording data.

 収録曲は、Disc1に英国1st LP14曲をMonoで収録。
 Disc2にはLP未収録のシングルやEPをMonoで収録。
 特に別テイクや没テイクのレア・トラックは収録されておらず、サウンドトラック盤を含めマスター・テイク36曲をMonoで収録している。

 ブックレットにはLPのオリジナル・ライナー・ノーツの他、John Tracyの新しいライナー・ノーツが掲載されている。
 写真は多くないが、特にすごいのは1曲ごとのデータの充実ぶりで、セッショングラフィーまではないが、基本データはしっかり押さえてある。

Begin Here: Complete Decca Mono Recordings
Repertoire
2011-02-15
Zombies

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Begin Here: Complete Decca Mono Recordings の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 それでは肝心な音質について述べよう!
 驚いたのは予想していたMono特有のエネルギー感のある音ではなかったことだ。
 ひと塊になってボン!ブーン!と跳びだしてくる感じではない。
 高音と低音が伸びたせいかバランスが良くなり、音場が拡がった感じだ。
 音の分離も良くなり、音像がよりくっきりとなっている。

 整理されて聴き易くなったと思うか、迫力が無くなって物足りないと思うか、
 音の好みによって評価は分かれると思う。
 私のように大音量で浴びるように聴く人には、本CDの方が圧迫感がなく、包み込まれるようで気持ち良いかも知れない。

 ここで、ヴォリュームをグンと上げてみると、もう迫力が無いなんてことは無い。
 その上、Disc1からDisc2のシングル集の方に移ると、更に音質が向上する。
 面でバーン!と来る感じで、ベースのブンブンとドラムスのドカドカの立体感がスゴイ。
 ここまでの音質なら何の文句もない。
 まるで4トラックのオリジナル・セッション・テープからMonoマスターを再リミックスしたかのようなダイナミック感とキレの良さがあり、音に強さと柔らかさがある。
 99年発売のBig Beat盤から10年以上経過したこともあり、リマスター技術の進歩を実感した。
 でも、音の好みは人それぞれだから、他の人はどうだろうね…。
 もっと、密度が濃くてギュッと詰まった音の方が好きな人もいるだろうな。
 ひょっとして、昔安いレコード・プレーヤーで聴いたLPの様な締まりの無い音のように感じる人もいるかもね。
 ぜひ自分の耳で確かめてみて!

 最後に1枚忘れていたCDを紹介したい。
 07年英国Big Beat Recordsから発売された編集盤 Into The Afterlife。↓
 The Zombies解散からArgent結成までに焦点を当てており、幻の3rdアルバムR.I.P.以外の欠落した部分を補っている。

HMVジャパン

 収録曲は以下のとおり。

 ☆Colin BlunstoneがNeil MacArthurの名義で発売したシングル
 1stシングル Deram DM 225(69年1月発売)

Neil MacArthur - She's Not There / World of Class

 1 Neil MacArthur - She's Not There



 13 Neil MacArthur - World of Glass



 イタリア・シングル Deram 230
 20 Neil MacArthur - Ma Non E'Giusto (She's Not There - Italian)

 2ndシングル Deram DM 262(69年6月発売)
 12 Neil MacArthur - Don't Try to Explain
 7 Neil MacArthur - Without Her

Neil MacArthur - Don't Try to Explain / Without Her

 3rdシングル Deram DM 275(69年10月発売)
 17 Neil MacArthur - It's Not Easy
 8 Neil MacArthur - Twelve Twenty-Nine

 ☆未発表曲
 2 Neil MacArthur - Hung Upside Down
 6 The Zombies - Walking in the Sun (Orchestral Mix)
 11 The Zombies - I Know She Will (Orchestral Mix)
 15 The Zombies - If It Don't Work Out (Orchestral Mix)
 16 Neil MacArthur - Never My Love(02年 Angel Air 123)
 18 Rod Argent & Chris White - Telescope (Mr. Galileo)

 ☆未発表Demo
 3 Rod Argent & Chris White - Unhappy Girl
 4 Rod Argent & Chris White - She Loves the Way They Love Her
 5 Rod Argent & Chris White - Telescope (Mr. Galileo)
 9 Rod Argent & Chris White - It Never Fails to Please Me
 10 Rod Argent & Chris White - I Could Spend the Day
 14 Rod Argent & Chris White - To Julia (For When She Smiles)



 ☆未発表ライブ
 19 The Zombies Going to a Go-Go (66年)

Into the Afterlife
Big Beat UK
2007-07-10
Zombies

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Into the Afterlife の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 ↑音質は秀逸。分厚いブックレットだが、ちょっと読む気になれなかった。
 やはりColin Blunstoneの3枚のシングル6曲の収録がうれしい。
 ヒットはしなかったが内容は良いと思う。
 Colinをもっと聴きたくなったが、ベストCDを1枚持っているだけだ。↓

Some Years: It's the Time of Colin Blunstone
Sony/Bmg Int'l
2007-01-16
Colin Blunstone

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Some Years: It's the Time of Colin Blunstone の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 ↑95年発売のため既に廃盤。ジャケットのデザインを変更して復刻された英国盤ならまで手に入るようだ。↓

HMVジャパン

 たぶん15年ぶりに聴いたと思うが、SonyのLegacyシリーズだから音質は良好。
 機会があれば次はソロ・アルバムを聴きたいと思うけど、日本の紙ジャケットは嫌いだし、英国の3枚組ボックスは音質が心配だし、どうしようかな…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック