The Cowsills Captain Sad and His Ship of Fools その3

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

 前回に引き続いてThe Cowsillsの3回目。
 09年から英国の再発専門レーベルCherry Red Records系列のNow SoundsからTheCowsillsのオリジナル・アルバムの再発が始まっている。
 順番から行けば2nd LP となるところだが、今回は復刻から漏れてしまった。

 2nd LP We Can Fly (MGM E 4534/SE 4534 68年3月 全米89位)

The Cowsills - We Can Fly

 6thシングル We Can Fly / A Time For Remembrance
 (MGM 13886 68年2月10日21位)

The Cowsills - We Can Fly

 7thシングル In Need Of A Friend / Mister Flynn
 (MGM 13909 68年4月20日54位) 

The Cowsills - In Need of a Friend

 この2ndアルバムは05年に米国Collectors' Choice Musicから復刻されており、この契約が残っているためNow Soundsに許可が下りなかったのだと思われる。↓

We Can Fly
Collector's Choice
2005-12-06
Cowsills

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by We Can Fly の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 ↑このCDは米国Amazonのレビューによると、音質が悪いらしい。CCMの復刻はホームランもあれば、時には三振もある。本作は三振のようだ。
 契約関係がクリアーになったらNow SoundsにはMonoシングルをボーナスで追加して復刻して欲しいものだ。
  
 8thシングル Indian Lake / Newspaper Blanket
 (MGM 13944 68年7月13日10位)

The Cowsills - Indian Lake

 9thシングル Poor Baby / Meet Me At The Wishing Well
 (MGM 13981 68年10月12日44位)

 10thシングル Path Of Love /Captain Sad And His Ship Of Fools
 (MGM 14003 68年11月132位)

 

 ↑ヒットはしなかったけど、今回初めて聴いた中で1番のお気に入り。

 3rd LP Captain Sad and His Ship of Fools(MGM E 4554/SE 4554 68年8月発売 全米105位)

Captain Sad & His Ship of Fools
Now Sounds
2009-03-24
Cowsills

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Captain Sad & His Ship of Fools の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 ↑ブックレットは情報満載で写真やオリジナル・ライナー・ノーツの他Bob Cowsillの1曲ごとのコメントも掲載されている。
 しっかりこのジャケットもブックレットの裏表紙に掲載されている。↓

The Cowsills - Captain Sad and His Ship of Fools

 オリジナルの12曲をStereo盤(MGM SE 4554)で、ボーナスとして上記3枚のシングル6曲をオリジナルMonoで収録している。
 ここまでは全く文句なしなのだが、問題は音質だ。
 5段階評価(5秀逸、4良好、3普通、2悪い、1聴き苦しい)で、曲によってバラつきはあるが4~2というところで平均では3.5当たりだ。
 ソフト・ロックの隠れた名盤と言われるだけあって、内容が良いだけに残念。
 1st LPの復刻が素晴らしい音質だったので、狐につままれたようだ。
 やはり、Stereo盤はマスター・テープが酷使されているのかな?
 ところで、本当にマスター・テープが使用されているのか?

 あれ?
 このCDだけオリジナル・マスター・テープ使用と記載されていない…。
 何だかかなり怪しいぞ。


 そう言えば同じMGM音源では、これもひどい音質だった↓

It's Gonna Take a Miracle
Rpm Records UK
2010-10-05
Royalettes

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by It's Gonna Take a Miracle の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 ↑10年英国Rpm Recordsが発売したThe RoyalettesのMGM録音の全集。
 既にIchibanが96年に発売したベスト盤It's Gonna Take a Miracle:The MGM Sidesを持っていた。↓

The Royalettes - It's Gonna Take a Miracle:The MGM Sides

 しかし、代表曲It's Gonna Take A Miracleの音質が劣悪だったので、ずっと買い直しのチャンスを狙っていた。
 


 今回は全曲集であることと、最近活発に復刻を手がけているRpmへの期待もあり、跳びついた。
 ところがである、お目当てのIt's Gonna Take A Miracleの醜い音質に絶句した。
 他の曲はそれ程悪くないのに…。
 
まるでThe Moody BluesのGo Nowのようだ。



 65年7月発売の1st LP Magnificent Moodiesに収録されているのだが、シングルで先行発売されており、録音が少し古いせいか他の曲より音質がダウンする。

Magnificent Moodie
Repertoire
2007-10-31
Moody Blues

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Magnificent Moodie の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 ↑07年独Repertoire Recordsからボーナス14曲入りで発売されたCD。
 私は英国で88年にボーナス13曲入りで発売されたものの日本盤CDを持っているのだが、チョット古過ぎるかな?
 2枚ともLPにも収録されたGo Now !を含めDenny Laine在籍時の全シングル7枚を収録しているが、独盤は英国外で発売されたPeople Gotta Goを1曲多く収録している。

 私の持っているCDよりも昔のレコード盤の方が音質が良い↓



 ↑65年5月発売のEP The Moody Bluesより。
 最近のCDの音質はどうなっているのだろう?

 かなり話が脱線してしまったので軌道修正してThe Cowsillsに話を戻そう。

 今回の3rdアルバムの音質に満足出来なかったので、1stアルバムのようにMono盤を聴いてみたくなった。
 米国では翌年の69年には市場から姿を消すMono LPだが、1st LPみたいに逆にマスター・テープが酷使されずに残っているような気がしてならない。
 実際のところ今回ボーナスとして収録されたMonoシングル6曲の音質は秀逸なので、、ますます期待は高まるばかりだ。
 どこか復刻してくれないかな…。

 次回に続く…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック