FC岐阜 vs ジュビロ磐田 Jリーグプレシーズンマッチ 長良川競技場 2011年2月27日

画像
















 初めてJリーグの試合を見に行ってきた。
 思えば08年FC岐阜がJ2に昇格して初の開幕戦を見に行ったのだが、バスのアクセスの悪さに競技場に到着したのが前半40分頃で、もったいないのでちょっと外から眺めて帰った記憶がある。
 いつかそのうちと思いながら、あっと言う間に3年!早いものだ。
 Jリーグ開幕を3月5日に控えてのプレシーズンマッチなので公式戦ではないのだけど、色々あって思い切って決断した。

 色々あって?

 1月に今西和男社長とお話する機会があった。
 日本初のゼネラルマネージャーの1人と呼ばれる今西氏に、「地元の広島を離れ、縁もゆかりも無い岐阜にどうして関わることになったのですか?」と聞いたところ、「全くの偶然、ただ困っていると言われて放ってはおけなかった。」との回答をもらった。(注:お酒が入っていたので表現は正確ではないかも知れません。)
 男気のある人だなと思いながら、自分のことをふがいなく思った。
 バリバリの体育会系と思っていたら、非常にインテリジェンス溢れる人だった。
 本当にサッカー界出身なの?
 「1Jリーガーである前に、1社会人たれ!」
 「サッカー選手よりも、その後の人生の方が遥かに長い。」
 生い立ちから引退以降の話までお聞き出来て、人生哲学をよく理解出来た。
 まさしくビジネスマンであり、語り口調は大学の教授そのものだった。
 お仕着せがましいところや、恩着せがましい所は微塵も無い。
 また、「寄付してくれ、試合を見に来てくれ!」と言うことも無く、事実を理路整然と語る。
 逆に、それがこちらの胸にグサッと突き刺さる。
 
 そうだ!Jリーグのチームが地元にあるなんて本当はスゴイことなんだ。
 昨年初の黒字化を果たし、今年2年連続の黒字を確保し、来年4位以内に入ればJ1昇格!
 簡単ではないだろうけど夢がある話だ。

 もう1つの理由。
 やはり、アジアカップの後とあって我が家でサッカー熱が盛り上がっていたこと。
 我が家と言っても構成員は私と嫁さんの2人だけだが…。

 それと、前日の天気予報では27日は午後から雨だったところ、当日朝の予報では21時以降雨に後ろ倒しになっていたこと。
 さすがに雨の中で応援するほど根性は定まっていない。

 最後の理由としては、
 2月26日夕方から27日早朝にかけて岐阜市繁華街の柳ヶ瀬で「岐音祭」が開催された。
 今年で2回目になるそうで、大学の垣根を越えて岐阜県在住の大学生が企画・主催した音楽イベントだそうだ。
 「音楽をとおして地元の若者が集う場を作りたい」という当初のコンセプトに、今年は「地元商店街も盛り上げたい」というコンセプトも加わり、スケール・アップしたそうだ。
 26日午後3時に家を出て嫁さんと2人でウォーキング。
 半年振りに粕森公園から水道山の展望台に登り、梅林公園に下りた。
 「梅まつり」は3月5、6日だが、梅は十分見頃だった。

 梅林公園からてくてく柳ヶ瀬まで歩き、午後4時20分頃高島屋に到着。
 岐阜大学の軽音楽部がジャズのビッグ・バンド風に演奏していた。
 ステージが狭すぎるためギュウギュウ詰めで、さぞや演奏しにくかったと思う。
 それとアーケードの下の商店街では音響は決して良いとは言えなかった。
 アマチュアにとっては、ちょっと、いや!かなり逆風だったはず。
 まじめそうな学生さんがMCをしていたが、「それでは最後の曲です。」と言っても反応がなくてズッコケていたね。でも、一生懸命さは伝わってきた。
 最後の曲はジャズ風「トトロ」だったけど、変に気を回さず普段やっている曲で良かったんじゃないかな。(普段やっている曲が「トトロ」だったらごめんなさい。)

 そうこうしていたら、いつの間にかステージ脇に一団がやって来た。
 !? !? !?
 チ、 チア・リーダー?
 胸に「Stars」の文字。
 岐阜大学チアリーダー部Stars。
 みんな美しくて、カウイイではないか!
 日本の学生チア・リーディング・チームでこれだけ美人ぞろいなのは記憶にない。
 本番は午後6時かららしいが、お披露目で2曲先行パフォーマンスだそうだ。
 せっかくなので、嫁さんと2人でイスに腰掛けて見させてもらった。
 曲はJames BrownのI Feel Goodだ。
 チア・リーダーも緊張したと思うが、余りの近さにこちらも緊張した。
 バック・ビートの手拍子が、時々ダウン・ビートになってしまった。
 ステージが狭いうえに、柔だったのでパフォーマンスしにくかったと思うし、
 PAシステムも極めてショボかったので足を引っ張られたと思うけど、
 良かったです。
 その素晴らしい笑顔に一瞬にしてファンになってしまった。
 
 2年前だが他のブログで紹介された記事はこちら。

 どうもFC岐阜のホームゲームのハーフタイムにパフォーマンスしているらしい。

 前置きはかなり長かったが、つまりはStarsを見に行った訳だ。
 いや、いや、これら色々あって試合を見に行った訳だ。
 因みにプレシーズンマッチということでStarsの登場はなかったが…。
 

 それでは本題の試合に移ろう。
 相手はJ1のジュビロ磐田。

画像





 
 FC岐阜の社長さんは知っているが、選手は1人も知らない。
 むしろジュビロ磐田の方を知っている。
 前田、駒野、河口。

画像


















 前半はFC岐阜の方が結構攻めていたが決定力不足。
 緊張感からか浮き足立った感じだった。
 思いがけず前半だけで3対0の大差となった。
 2点は仕方ないにしても終了間際の3点目は無駄な失点だった。

画像











 後半ではFC岐阜もしっかり修正して落ち着きが出た。
 プロらしい試合になってきたので、後半は失点0点、得点1点だったら今日は合格点と思っていたら、何と2点も取って3対2となってしまった。
 スゴイ! 逆にジュビロ磐田大丈夫か?

画像

















 競技場内がいい感じで盛り上がりを見せ、ひょっとして同点に追いつくかと思っていたところ、キーパーが蹴ったゴールキックがサイドラインを割ってしまった。
 止まっているボールなのに…。
 これで盛り上がりに水が注され、雰囲気が一瞬にして変わった。
 この瞬間は素人の私にも分かった。
 あれが勝敗の分かれ目になったと思う。
 その後、1点取られ、試合結果は4対2となった。
 試合は生き物、試合には流れがあるということが実感された。
 でも後半失点0点、得点1が失点1点、得点2点なのだから合格かな。
 甘いか?(やはり後半失点0点にはこだわりたかったところだ。)

画像














 最後にキーパーでありキャプテンの野田恭平選手が開幕に向けての抱負を語った。
 それと入場者数が5,000人を超えたようだ。(これって多いの、少ないの?)
 開幕まで残り1週間。
 とにかくがんばって欲しい。
 私も選手の名前を覚えるようにがんばります。


 最後にうちの嫁さんと向かい合っている後姿は何だ?
 嫁さんのこんな笑顔、最近見たことないぞ!

画像














 名札を見ると「ハンバーグマ グーグー」と書いてある。
 静岡県磐田市と袋井市のハンバーグ文化を全国に発信すべく誕生した「食べよう!!ハンバーグの会」のゆるキャラだそうだ。
 あまりのオチャメさに一瞬にしてファンになってしまった。
 (それにしても2日連続で一目ぼれとは…、 かなり危険な状態だな。)
 
画像

















 ジュビロ磐田のサポーターの方もグーグーも遠くまでお疲れ様でした。
 よし!ハンバーグ食べるぞ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック