感動! スペイン8日間 2010年11月18日から25日 その15

 前回に引き続きJTB中部旅物語スペイン8日間の旅の15回目。

 ツアー6日目11月23日正午少し前。
 グエル公園(Parc Guell)を出発して新市街へ。
 車窓からアントニ・ガウディ(Antoni Gaudí)が手がけた建物を見学。

画像











 ↑カサ・ミラ(Casa Mila)。
 しばらく行くと道の反対側にカサ・バトリョ(Casa Batllo)。

 そのままモンジュイックの丘(Montanya de Montjuic)を登り、ミロ美術館(Museu Fundacio Joan Miro)を通り過ぎ、展望台へ。眺望はこんな感じ。↓

画像











 ↑サグラダ・ファミリア方面を臨む。小さい!

画像











 ↑埠頭方面を臨む。
 バルセロナ市全域を見渡せるが、かなり遠景の印象を受けた。
 ロープ・ウェーでも登れる。
 周辺にはオリンピック/スタジアムがあるが、歩きではツライと思う。

 午後0時40分頃、丘を下って昼食会場へ。
 かなり早いと思わない?
 なぜならその日の午後は自由行動で、オプショナル・ツアーに参加する人は午後2時出発だったから。
 コロンブスの塔(Monument a Colom)をぐるりと回って、ランブラス通り(Las Ramblas)のレストランへ。
 レストランの名前はミッキーズ(Micky's)。
 メニューはパエリァ(Paella)。
 おじさんと見習いの若者が取り分けてくれた。
 他の日本人の団体もいて、パエリャじゃなくてピラフみたいのを食べていた。
 後日、ネットの評価を見るとかなり厳しい評価だった。
 でも、団体向けの料理としてはまずまずだったと思うよ。
 中華料理のチャーハン以来の米の料理だったからかなー。
 この昼食がツアー全員で食べる最後の食事だった。

 午後2時までの待ち時間に少し通りを歩いた。

画像 
 










 ↑ランブラス通りから埠頭方向を臨む。
 手前の左手に蝋人形博物館(Museo de Cera、Wax Museum)の赤い看板。
 (ゴメンナサイ、画質を落としたので拡大しても読めませんね。)
 遠くに埠頭のタワーが見えるが、本当はその中間にコロンブスの塔があるのだが、街路樹に隠れてしまい台座が少し見えるだけだ。 

 さて、午後2時になり、これからは自由行動。
 29人中12人が市内に歩いて繰り出し、17人がバスに乗るために店を出発。
 行き先はモンセラート(Montserrat)だ。

 続きは次回で…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック