感動! スペイン8日間 2010年11月18日から25日 その10

 前回に引き続きJTB中部旅物語スペイン8日間の旅の10回目。

 ツアー5日目11月22日。午前6時30分。
 目覚めると、ちょっと遠くに地中海が広がっているのが見えた。
 まだ、朝日は昇っていないが、オレンジ色に染まり、トワイライトとなって美しい。
 トワイライトは夕方か?
 曙(ドーン)が正しいのかな…。
 ホテルSh フロラサール(Sh Florazar)を午前8時30分に出発し、
 南に逆戻りしてバレンシア市(Valencia)に向かった。

 バレンシア市はバレンシア州の州都で、人口はスペイン第3位の大都市。
 スペイン内戦(36~39年)では共和国政府の臨時首都となった。

 バスを降り、てくてく歩きながら、まずはカテドラル(Catedral)とミゲレテの塔(Torre del Miguelete)の外観を見学。↓

画像











 続いて世界遺産ラ・ロンハ(La Lonja)の外観を見学。↓

画像











 そして、ラ・ロンハと道を挟んだ中央市場(Mercado Central)へ。↓  

画像











 ツアーの場合、あちこちで市場に立ち寄ることが多い。
 露天もあれば、屋台風もあるし、今回のような屋根付きの大規模な市場もある。
 その土地の特産品を目にするのも興味が引かれるし、極端なところ花を見るだけでも楽しくなってくる。
 写真のお店でナツメヤシの実をドライフルーツにしたデーツを買った。

画像

















 ↑上がバレンシアの中央市場で買ったデーツ。
  下が日本国内で通販で買ったイラン産のデーツ。

 ナツメヤシはメソポタミア原産で干し柿みたいな食感と味だった。
 因みにハムは日本国内への持込は禁止されているが、ドライフルーツはOK!
 
 集合までの待ち時間を利用してラ・ロンハ側の入り口横のジュース屋でキハマスゲの地下茎(チュファ)の絞り汁から作ったオルターチャ(horchata)を飲んだ。
 甘みのある豆乳に似た感じだった。
 記念にレトルト・パック入りのオルターチャを1つ買った。

 画像


















 ↑それにしてもどうやって飲むんだ?
 その前にOrxata de Xufaってガイド・ブックと微妙にスペルが違うけど、オルターチャ・デ・チュファのことだよね?何か恐ろしくなってきた。

 バスに乗り込み車窓から芸術・科学都市(Ciudad de las Artes y las Ciencias)を観覧し、その後はタラゴナ(Tarragona)を目指してひたすら北上した。

 続きは次回で…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック