John Lennon(ジョン・レノン) Signature Box(ジョン・レノンBOX) その3

 前回に引き続いてJohn Lennonのボックスの3回目。
 聴く前に日・米・英のAmazonのレビューを見てみたが賛否両論だね。
 様々なファンがそれぞれのこだわりで自論を展開していて面白い。
 そう言う自分も、Johnのことになると、もはや冷静ではいられない。
 客観性も吹き飛んでしまう。
 Love & Peaceを忘れないように、
 他人を傷つけないように、
 他人の意見に対する意見を述べたい。

 5)「Remix & Expanded収録のボーナスが未収録」との意見

 これって、「オリジナル絶対主義論争」に関わることだから根が深い。

 意見に対する意見1

 以前リミックスCDにボーナスが追加された際に、「Johnの意志がないがしろにされた」、「オリジナルが冒涜された」、「絶対許せないし、認めない」等の批判があった。
 個人的にはボーナス追加は大歓迎。
 だって、お値打ちだし、本編が終わったところでSTOPボタンを押すだけだから。
 フォーマットがアナログ・レコードからコンパクト・ディスクに変わったことが理解できない人は、LPレコードを聴き続けるべきだと思う。
 CDが発売された82年にJohnは他界していたからね。
 もし、存命だったらボーナス追加を認めたかも知れないし、否定したかもしれない。
 ファンの意見は様々だから、遺族の判断に任せるしかないね。
 でも、JazzのCDによくあるのだが、マスター・テイクの次に未発表テイクを追加するのは、さすがに許せない。
 例えば、Imagineの次にImagineのホーム・デモを挿入されたらSTOPボタンだけでは済まないからね。
 本編終了後、10から15秒の無音部分を設けてボーナスを追加するのが理想。
 あと、A面の最後とB面の最初の間にも無音部分を15秒から30秒設けるべき。
 レコード盤を裏返す作業は、フォーマットの収録時間上避けられないのだが、その動作以上にシーン・チェンジという点で重要な意味があったからね。
 あなたはどう思う?

 意見に対する意見2

 そもそも、今回のオリジナル・ミックスのリマスターは従前のリミックスCDを全否定するところから始まったんじゃないの?
 その否定したリミックスCDのボーナス曲を既得権のように要求するのはいかがなものか…。
 少なくともオリジナルどおりに収録されていればOKじゃないですか?
 リミックスCDのSometime in Nycみたいに、数曲カットされるのは絶対許せないけど。
 実際、ボーナス収録が無くなって喜んでいるオリジナル絶対主義者も少なからずいるのだから…。
 個人的にはボーナス収録は有る方が良いが、ボーナス収録が無ければダメとは思わない。

 えっ!リミックスCDを全否定した覚えはない?
 どうせ数年後にボーナス付きで再発するんだろ?
 いや、ボーナス付きでリミックスとリマスターの2イン1だって?
 確かに有り得るかもしれない。次回は没後40年、生誕80年!
 でも、10年後にはCDというフォーマットは無くなっているかもよ。
 アナログのテレビ放送みたいに…。

 やはり、正当な相続権を有する遺族の判断に任せるしかないね。
 所詮、ファンは部外者なのだが、マーケティング上は無視出来ない。
 そういう点では、ファンは声を上げ続けなければならない。
 どこの世界でも声のデカイ奴の意見が通るものだから…。

ジョン・レノンBOX(完全生産限定)
EMIミュージック・ジャパン
2010-10-06
ジョン・レノン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジョン・レノンBOX(完全生産限定) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



SIGNATURE BOX
Capitol
2010-10-04
JOHN LENNON

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SIGNATURE BOX の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

 さて、いよいよ肝心な音質について語ろうと思ったが、
疲れたので続きは次回で…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック