David Carroll (デヴィッド・キャロル) Let's Dance Again !

画像←SR 60152
 Let's Dance Again!
 59年発売(Stereo)












 前回に引き続いてMercury Recordsの音楽監督として51年から60年代中盤まで指揮、編曲、作曲、製作に携わったDavid CarrollのLet's Dance Again!をご紹介する。前年のLet's Danceのヒットにあやかり、二匹目のドジョウを狙ったのだが、結果は大成功!最大のヒットなった(60年6位)。
 
 もちろんジャケットのデザインをチョット変えてMono盤も発売された。

画像←MG 20470
 Let's Dance Again!
 59年発売(Mono)












 相変わらず人畜無害のLounge Musicなのだが、今回はブラスを前面に押し出しているのが特徴で、ラテン風味の曲がチラホラ散りばめられている。それに多少Exotic Soundの要素も加わったような感じ。

 前作同様、左右2本のスピーカーの間を(ピンポン玉が跳ね回るように)音が行き来するミックスで、自然な音場と言うよりはStereo感(セパレーション)を強く意識した作り。このLPのヒットがStereoの普及に一役買ったとのこと。

 また、Carrollが活躍したChicagoは3大ネットワークがラジオとテレビのスタジオを設け、広告代理店も集中するメディアの一大拠点であった。それにChicago Symphony Orchestraを筆頭に一流のミュージシャン達がたむろしていた他、BluesやJazzの独立系レーベルChess RecordsやVee-Jay Recordsの存在が彩りを添えた。

 CarrollはChicagoの一流のミュージシャンを使ってリハーサルや録音を行うことが出来たが、革新的な録音エンジニアBill Putnamにより設立されたUniversal Studiosの存在が最も大きな要因を占めたとのこと。
 (以上は下記CDのライナーノーツより)

Let's Dance Again!
Mercury
2005-03-29
David Carroll & His Orchestra

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

 HMVジャパン

 05年米国Collectors' Choice Musicからの復刻で、リマスターにより音質は秀逸。上記のとおりライナーノーツも素晴らしいし、08年に亡くなったCarroll本人や当時の関係者に取材を試みた点で、まさしく最後のチャンスをモノにした労作である。(2ページだけだが中身は濃い!)前作もだが、ブックレットにはLPの裏ジャケットもしっかり掲載されている。オススメの1枚。

 最後に、魅力的なLPジャケットを掲載しておこう。
 やっぱり、3人の女性のデザインが一番ステキだと思う。
 型番と発売年はかなり怪しいので、そのつもりでお願いします。

画像 ←Latin Percussion
 60年発売?(Mono)













画像 ←SR 60866? PPS 2000?
 Latin Percussion
 64年発売?(Stereo)
 上のジャケットとデザイン違い。
 こっちのデザインの方がイイな。











画像 ←Percussion Orientale
 60年発売?(Mono)













画像 ←SR 60867? PPS 2002? 
 Percussion Orientale
 64年発売?(Stereo)
 上のジャケットとデザイン違い。
 上のデザインの方がイイな。











画像 ←Percussion Parisienne
 64年発売?(Mono)













画像 ←SR 60955? PPS 2008?
 Percussion Parisienne
 64年発売?(Stereo)
 上のジャケットとデザイン違い。












画像 ←SR 60649
 Let's Dance, Dance, Dance!
 61年発売(Stereo)













画像 ←Contrasts
 (Mono)
 なんだ こりゃ!
 ぶったまげた!!
 






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック