The Nolan Sisters(ノーラン・シスターズ) 20 Giant Hits+α(その4)

画像














 今回でThe Nolan Sistersの4回目。前回に引き続いて彼女達がLP 20 Giant Hits(78年3位)でカヴァーした曲のオリジナルについてコメントしたい。

 #6 Isn't She Lovely ? (邦題:可愛いアイシャ)
 76年9月28日に発売され10月8日初登場1位となったStevie Wonderの2枚組LP(+4曲入りEP) Songs in the Key of Lifeに収録。Elton JohnのCaptain Fantastic and the Brown Dirt Cowboy(75年)とRock of the Westies(75年)に続く史上3枚目の初登場1位(米国アーティストとしては初めて)。合計で14週間1位に居座り、76年グラミー賞ベスト・アルバム受賞。77年年間チャートでもFleetwood MacのRumours(31週1位)に続く2位の大ヒットとなった。

 HMVジャパン

 英国でもLPは2位の大ヒットとなったが、Motownからの強い要請にもかかわらずStevieはシングル・カットを認めず、英国では77年1月にDavid Partonによりカヴァーされ4位まで上昇した。



 #7 You Make Me Feel Brand New(邦題:誓い)
 The Stylisticsの74年6月2位(年間14位)、英国でも74年8月2位の大ヒット。



 HMVジャパン


 #8 Chanson d'Amour (Song Of Love)
 Art and Dotty Toddの58年6位のヒット曲であり、シャンソン風ではあるが元々は米国の曲である。 



 The Manhattan Transferが76年12月にカヴァーしたものの米国では当たらなかった。しかし、ヨーロッパでは大受けし、特に英国では77年3月1位(3週)と大ヒットした。



The Anthology: Down in Birdland
Rhino
1992-11-02
The Manhattan Transfer

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
 ↑92年Rhino Records編集の2枚組アンソロジー(廃盤か…)。

 #9 God Only Knows(邦題:神のみぞ知る)
 The Beach Boysの66年7月発売のシングルWouldn't It Be Nice(8位)のB面でありながら39位にランクされた。
 英国ではA面とB面を入れ替えて発売され2位の大ヒットとなった。



 余談だが私は自分の結婚披露宴の新郎新婦入場でWouldn't It Be Nice(邦題:素敵じゃないか)をBGMに流しました。(この頃のThe Beach Boysに関しては、とても冷静ではいられないのだ!)

 HMVジャパン

 ↑01年発売のMono+Stereoの2イン1。(一般のリスナーにはこれで十分と思う。)

 HMVジャパン

 ↑06年発売の40周年記念盤。(SACDではなく、DVDオーディオのためかなりガッカリした。)

 #10 Money Money Money
 ABBAを世界的にブレイクさせたDancing Queenの次のシングルとして76年11月発売され英国では3位となった。



 スウェーデンで76年10月発売されたLP Arrivalに収録されている(英国1位、米国20位)。

 HMVジャパン

 ↑06年発売の2枚組デラックス盤(1枚はDVD)。


20 Giant Hits/the Target Recordings
7T's
2010-01-18
Nolan Sisters

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


 何回も言うが、The Nolan Sistersのことを忘れさせるような大ヒット曲のオン・パレードだ!!

 続きは次回で…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック